« 10/26:今こそ注目!省エネ農業 |メイン| 11/9:ハマでサボテン?! ~横浜・旭区~ »

11/2:相模原の贈り物「やまといも」

相模原の「やまといも」。
“さがみ長寿いも”の愛称で親しまれ、
神奈川ブランドにも選定されている名産です。
相模原の「やまといも」の特長は、粘りの強さ。
贈答用として大変人気が高い品です。




相模原市大沢地区の内田さんの圃場を訪ね、
相模原の「やまといもの」の歴史や栽培法などを伺いました。
また、収穫体験や「大和芋・甘藷坪堀共進会」の様子もお伝えします。

■やまといも~さがみ長寿いも~に関するお問い合わせ■
JA相模原市 営農センター ℡ 042(762)4336

■旬菜レシピ■
やまといもの料理を
「食サークル 麦の会」の皆さんに
作っていただきました。
揚げる、蒸す、煮る・・
バリエーション豊かなお料理が勢揃い!


「椎茸のやまといも蒸し」
□材料(10個分)
しいたけ 10枚、
やまといも 300㌘
桜エビ又はむきエビ 適量
枝豆又はそら豆
(茹でてあるもの) 10個


□作り方
①しいたけは、石づきをとっておく。
②やまといもは、良く洗ってすり下ろしておく。
③すり下ろしたやまといに枝豆と桜エビをよく混ぜて、しいたけの上にのせる。
④ラップで巾着包みにして、10分蒸して出来上がり。


「やまといもと納豆のふわふわ揚げ」
natou.jpg□材料(3~4人分)
やまといも 150㌘、納豆 1パック、
青のり 大さじ1、卵 1個、
小麦粉 大さじ1,、塩 少々、
揚げ油 酢・水(アク抜き用)


□作り方
①やまといもは皮を剥いて、酢水につけ、アク抜きをする。
②やまといもをすり下ろし、その他の材料と混ぜ合わせる。
③スプーンですくって、180℃の油の中に静かに落とし、
  色づく程度に揚げて出来上がり。
※これを作るときは、ネバネバの強いお芋を使って下さい。


「やまといものだんご汁」
□材料(4人分)
やまといも 400㌘、
大根 160㌘、人参 小1本,
ごぼう 50㌘、しめじ 1袋、
白菜 1/4、葱 2本、
油揚げ 1枚 だし汁、
醤油、酢 少々


□作り方
①大根、人参はいちょう切り、ゴボウはささがきにし、水にさらす。
②白菜は、ざく切りにし、長ネギは斜め切りにする。
③やまといもは、良く洗い、酢水につけておき、すり下ろす。
④鍋にだし汁を入れ、材料に火が通ったところで、調味料を加え、味を調えてから、
  すり下ろしたやまといもをスプーンですくって入れる。


「やまといもの蒸しパン」
□材料(4人分)
やまといも 200㌘、
(A)卵2個、砂糖 40㌘、
上新粉 100㌘、
ハチミツ 大さじ2


□作り方
①やまといもの皮を剥き、すり下ろし、(A)を加えて良くすり混ぜる。
  上新粉を振り入れ、混ぜ合わせタネを作る。
②バットにサランラップを敷き、粉をはたき①を入れ蒸し器で10分蒸す。
  蒸し上がったら取り出し、冷やしてから切り分けてハチミツをかける。

JA相模原市のホームページはこちら

■11月のプレゼント■
「JA相模原市 青壮年部」より
          
「やまといも」2㎏を10名様にプレゼント

「JA足柄茶」より
          present_tea.jpg

足柄茶「極上」を10名様にプレゼント 

ご応募はこちらからどうぞ。
希望商品名・番組の感想・ご意見もお忘れなく!