デジタル3ch テレビ神奈川

放送内容

2020/2/9(#618) アウディ A1 スポーツバック

放送日
2020/2/9(#618)

AUDIA1SB20TFSI0077.jpg

車種  
アウディ A1 スポーツバック 1st edition(7DCT)

AUDIA1SB20TFSI0012.jpg

AUDIA1SB20TFSI0066.jpg

AUDIA1SB20TFSI0030.jpg

AUDIA1SB20TFSI0008.jpg

AUDIA1SB20TFSI0029.jpg

AUDIA1SB20TFSI0088.jpg

試乗車主要諸元
全長 4040㎜
全幅 1740㎜
全高 1435㎜
車両重量 1220㎏
エンジン L4・DOHC・ターボ
総排気量 1497cc
最高出力 110kW(150PS)/5000-6000rpm
最大トルク 250Nm(25.5㎏m)/1500-3500rpm
最小回転半径 5.1m
燃料消費率 15.6㎞/L(WLTCモード)
車両本体価格 443.0万円(消費税込み価格)

※車両の諸元・仕様・価格等は番組放送当時のものです

出演者
アウディ ジャパン株式会社
マーケティング本部
プロダクト&リテールマーケティング部
プロダクトマーケティング
宮本 夏音さん

AUDIA1SB20TFSI0002.jpg

評価


AUDIA1SB20TFSI0107.jpg

岡崎五朗の評価

AUDIA1SB20TFSI0108.jpg

○・・・エッジの効いたNewアウディデザイン
一時期のアウディデザインはキープコンセプトが強すぎて、新鮮味が弱い
ところがあった。今回のA1でアウディの新しいデザイン言語がボトムエンドまで
おりてきた。街中でエッジの効いたデザインはすごく注目されると思う。

×・・・ドアトリムやラゲッジの仕上げがアウディとしてはいまひとつ
フォルクスワーゲンブランドなら問題にならないのかもしれないが、アウディが
プレミアムブランドであることを考えるとドアトリムやラゲッジの仕上げがいまひとつ。
乗り心地については、改良されたA7スポーツバックなどの例を考えると、結論を
出すのはまだ早いと思っている。

藤島知子の評価

AUDIA1SB20TFSI0109.jpg

○・・・小型以上中型未満のサイズ感
フル液晶メーターや運転支援機能など、現代のアウディらしさを実感できるのがA1だ。
実用的な広さと小回り性の両立が良い。ボディーカラーも素敵。

×・・・ACCのスイッチなど旧世代感を感じる
先代にはなかったアダプティブクルーズコントロールが付いたのは歓迎だが、スイッチが
ハンドル左下奥にあって旧世代感がある。今後の進化に期待したい。

AUDIA1SB20TFSI0050.jpg