デジタル3ch テレビ神奈川

放送内容

2019/11/3(#604) 日産 スカイライン

放送日
2019/11/3(#604)

NSKY019HV0037.jpg

車種  
日産 スカイライン HYBRID GT Type SP 2WD(7AT)

NSKY019HV0055.jpg

NSKY019HV0069.jpg

NSKY019HV0005.jpg

NSKY019HV0019.jpg

NSKY019HV0006.jpg

NSKY019HV0023.jpg

NSKY019HV0067.jpg

試乗車主要諸元
全長 4810㎜
全幅 1820㎜
全高 1440㎜
車両重量 1840㎏
エンジン V6・DOHC
総排気量 3498cc
最高出力 225kW(306PS)/6800rpm
最大トルク 350Nm(35.7㎏m)/5000rpm
モーター 交流同期電動機
最高出力 50kW(68PS)
最大トルク 290Nm(29.6㎏m)
最小回転半径 5.6m
燃料消費率 14.4㎞/L(JC08モード)
車両本体価格 616.0万円(消費税込み価格)

※車両の諸元・仕様・価格等は番組放送当時のものです

出演者
日産自動車株式会社
Infiniti 製品開発本部
Infiniti 製品開発部
第一プロジェクト統括グループ
セグメントCVE
徳岡 茂利さん

NSKY019HV0004.jpg

評価


NSKY019HV0081.jpg

岡崎五朗の評価

NSKY019HV0082.jpg

○・・・日産バッジの復活&スカイラインらしさの強化
従前はマーケティング上の理由でインフィニティのバッジが付いていた
スカイライン。今回、日産のバッジが付くようになって、スカイラインが
ようやく日本人の手に戻ってきたと感じる。当然、走りもスカイラインらしい
ものになっている。

×・・・プロパイロット2.0の採用がハイブリッドのみ
ガソリンターボ車にはプロパイロットが付いていない。この点でグレード格差が
あるのは残念なこと。今後の設定を期待したい

藤島知子の評価

NSKY019HV0083.jpg

○・・・スポーツセダンとしての魅力UPと先進性
ハイブリッドであってもスポーティーな音色を聴かせてくれるエンジンなど
スカイラインは走りの気持ち良さと快適性を高次元でバランスさせている。
ハンズオフ機能を実現したプロパイロット2.0は、技術の日産を印象づけている。

×・・・プロパイロット2.0はハイブリッドのみの設定
ユーザー視点だと、400Rといったモデルにもプロパイロット2.0は欲しい。

NSKY019HV0001.jpg