デジタル3ch テレビ神奈川

放送内容

2019/5/26(#581) アウディ A6

放送日
2019/5/26(#581)

AA6AV0027.jpg

車種  
アウディ A6 Avant 55 TFSI quattro S Line(7DCT)

AA6AV0024.jpg

AA6AV0061.jpg

AA6AV0005.jpg

AA6AV0067.jpg

AA6AV0043.jpg

AA6AV0036.jpg

試乗車主要諸元
全長 4950㎜
全幅 1885㎜
全高 1475㎜
車両重量 1950㎏
エンジン V6・DOHC・ターボ
総排気量 2994cc
最高出力 250kW(340PS)/5200-6400rpm
最大トルク 500Nm(51.0㎏m)/1370-4500rpm
最小回転半径 5.2m
燃料消費率 12.3㎞/L(JC08モード)
車両本体価格 1041.0万円(消費税込み価格)

※車両の諸元・仕様・価格等は番組放送当時のものです

出演者
アウディ ジャパン株式会社
マーケティング本部
プロダクトマーケティング
山本 文悟さん

AA6AV0001.jpg

評価


AA6AV0070.jpg

岡崎五朗の評価

AA6AV0071.jpg

○・・・世界中の自動車メーカーが目標にする圧倒的な「質感」
ボディーのプレスや塗装の品質はスゴイと思わせるものがある。インテリアでも
それは同じ。メルセデスやBMWでは味わえない精度の高さは実車で確認してほしい。

×・・・パワートレーンの選択肢がない
近々4気筒エンジンもラインナップされるとアナウンスされているが、その時に
質感の高いアナログメーターの設定も望みたい。

藤島知子の評価

AA6AV0072.jpg

○・・・存在感のあるスタイルと実用性 クールに乗りこなせるモデル
洗練されたディテール、光の演出、ゆとりのスペースなど存在感があるA6。
後輪操舵を選択すればコンパクトカー並の最小回転半径となる。実際の
走行シーンで扱いやすいモデル。

×・・・性格は穏やか路線 スポーツ性は「S」or「RS」
今回試乗した55 TFSI quattro S Lineは、A6らしいクラス感とパワーの
ゆとりはあるものの安定クルーズ指向が強い。スポーツ性を求めるユーザーは
SやRSという選択になるのかも。

AA6AV0053.jpg