デジタル3ch テレビ神奈川

放送内容

2018/2/4(#513) ホンダ シビック

放送日
2018/2/4(#513)

HC017S0014.jpg

車種  
ホンダ シビック セダン(CVT)

HC017S0019.jpg

HC017S0030.jpg

HC017S0037.jpg

HC017S0032.jpg

HC017S0023.jpg

試乗車主要諸元
全長 4650㎜
全幅 1800㎜
全高 1415㎜
車両重量 1300㎏
エンジン L4・DOHC・ターボ
総排気量 1496cc
最高出力 127kW(173PS)/5500rpm
最大トルク 220Nm(22.4㎏m)/1700-5500rpm
最小回転半径 5.3m
燃料消費率 19.4㎞/L(JC08モード)
車両本体価格 265万0320円(消費税込み価格)

出演者
株式会社本田技術研究所
四輪R&Dセンター
新型シビックシリーズ開発責任者
松本 英樹さん

HC017S0048.jpg

  

評価


HC017S0049.jpg

岡崎五朗の評価

HC017S0050.jpg

○・・・魅惑的なセダンスタイルと上質な走り
セダンからSUVへと人気が移っているなかで、シビックのセダンは、こんなカッコ良いセダンなら
自分も乗ってみたいと思わせる。実際に乗ってみると快適で上質な走りを実現している。新型シビックは
再びのセダンブームの起爆剤になると思う。

×・・・インテリアの足を引っ張る後付けナビ
せっかく出来の良いインテリアだが、後付けナビが足を引っ張ってしまっている。海外仕様には
クルマのインテリアに統合されたナビがあるので、それを日本でも展開してもらいたい。

藤島知子の評価

HC017S0051.jpg

○・・・意のままのコントロール性と実用面の両立
狙い通りのラインや車速で意のままに走る気持ち良さは、よく練り上げられたクルマだからこそできる
大人の乗り味。そこに広大な居住空間を実現したシビックは、人が使い楽しむことを考えたホンダらしい
一台に仕上がっている。

×・・・ナビ周りのデザインが古くさく見えてしまう
これからのクルマにとって、操作系はクルマの先進性を左右する重要な要素。なので今後に期待したい。

HC017S0026.jpg