11/3:困った時の横浜市

1103k-top.jpg■週刊 見・聞・録
  「困った時の横浜市」

困ったときにこそ役に立つ。
そんな横浜市の行政サービスを見聞録。
「えっ、こんなことまでしてくれるの!」という
便利なサービスをうまく使うには…
続きを見る…




1103y-top.jpg■行くぞ!横浜極め隊
  「大佛次郎の愛した横浜」

横浜に生まれ、横浜を舞台にした作品を
数多く残した作家・大佛次郎。
今回は大佛次郎ゆかりの場所、
特に中区を中心に巡ってきました。
続きを見る…




1103i-top.jpg■ハマinformation

横浜のイベント情報や
お役立ち情報をお届けします。
今回のお知らせはこちら!
  「全日本高等学校吹奏楽大会in横浜」
  「卓上カレンダー“横浜開港物語”」




☆次回予告
11月10日(土)は「食欲の秋!横浜の食を楽しもう」です。
是非ご覧下さい!

「困った時の横浜市」

1103k-1.jpg

暮らし、子育て、健康、福祉、仕事、交通、観光…
横浜市では様々な行政サービスを行っています。

今回はその中から、「困ったときに役に立つ」サービスや、
「え、そんなことまでしてくれるの!」という便利なサービスを取材しました。


1103k-2.jpg

まず最初に取材したのは「横浜市産後支援ヘルパー」。
出産直後の体調不良などで家事や育児が困難な家庭に出向いてお手伝いをしてくれます。

1103k-3.jpg

申し込みのあった方の家に言って1日2時間程度の活動をしてくれます。
沐浴などの子どもの世話や掃除、洗濯、家族の方の食事を作ったりもします。

1103k-4.jpg

費用は1回2時間あたり1610円。
ヘルパーには子育て経験のある方や看護師、保育士の資格がある人がなっています。
いろいろな相談にも乗ってくれます。

1103k-5.jpg

申し込みは各区の福祉保健センターや横浜市内の産婦人科などにある申請書に記入して
横浜市子ども青少年局こども家庭課まで申し込んでください。
お問合せは 045-671-2455まで


1103k-6.jpg

続いてなにやら植木鉢に水をあげている久保記者。
少しでも緑を増やそうと、ドングリを拾って鉢に植えたようです。
でもちっとも芽が出てこない…

1103k-7.jpg

そこで相談に行ったのが南区にある横浜市子ども植物園「緑の相談所」。
花と緑を愛する人の頼れる味方です。

1103k-8.jpg

専門知識を持ったスタッフが園芸やガーデニング、病害虫などの相談に丁寧に答えてくれます。
しかも相談費用は無料です。

1103k-9.jpg

町内会や学校など、20名以上の団体には出張相談もしてくれます。
身近な緑の相談に頼れるサービスです。
久保記者のドングリは乾燥していて芽が出ないものだったようです。

1103k-10.jpg

「緑の相談所」は横浜市内にもう一つ、みなとみらいのグランモール公園内にもあります。
また、一般の方向けの「ガーデニング講習会」も行っています。
詳しくは 横浜市緑の協会 045-309-2224
またはホームページまで。


続いては、久保記者に一枚のはがきが…

1103k-11.jpg

海外の宝くじの当せんの権利が当たったとか…賞金は10億円!
ついては会員登録のためクレジットカード番号の通知と手数料の振込みの催促が…
これって怪しいですよね…

1103k-12.jpg

そんなときに相談に乗ってくれるのが「横浜市消費生活総合センター」。
消費者の強~い味方です。

1103k-13.jpg

専門スタッフが「悪質商法」や「架空請求」「契約のトラブル」といった相談に乗ってくれます。

1103k-14.jpg

「商品テスト室」では苦情があった商品のテストも行っています。

1103k-16.jpg

毎月1回、生活設計、葬儀、食の安全といったテーマで「消費生活教室」も開催しています。
11月は「メタボリックシンドローム」、12月は「生命保険」がテーマです。

1103k-15.jpg

「買った商品やサービスに苦情があるがどうすればいいかわからない」
「何か変」「騙されているかも」と思ったら一度電話をしてみて下さい。
詳しいお問合せは 
横浜市消費生活総合センター 消費生活相談 045-845-6666まで


1103k-17.jpg

横浜市ではこの他にも様々なサービスがあります。
困ったときには「横浜市暮らしのガイド」をご覧下さい。
区役所の広報相談係や行政サービスコーナー、地区センターなどで無料配布しています。

そして電話での問合せに答えてくれるのが「横浜市コールセンター」
電話番号は 045-664-2525です。

これらの情報源を活用して困ったときにぜひ役立ててください。


「Hi!横濱編集局」TOPへ

「大佛次郎の愛した横浜」

1103y-1.jpg

横浜に生まれ、横浜を舞台にした文学作品を数多く書いた、作家・大佛次郎(1897-1973)。
今回はそのゆかりの場所、特に中区を中心に巡ってきました。

1103y-2.jpg

大佛次郎の作品には開港当初の横浜の様子が描かれています。
西洋の文化を積極的に取り入れる横浜に興味を持っていました。

1103y-3.jpg

ホテルニューグランドは1934年から10年間仕事場にしていました。
代表作の「霧笛」もここで執筆されています。

1103y-4.jpg

作品の中にたびたび登場するのが山手の「外国人墓地」。
西洋人の横浜での暮らしを詳細に描いています。

1103y-5.jpg

その山手にあるのが「大佛次郎記念館」。

1103y-6.jpg

創作ノートや初版本など、業績と生涯を様々な資料で紹介しています。
熱心に研究していたパリ・コミューンの資料は貴重なものです。

1103y-7.jpg

鎌倉にあった書斎を再現したコーナー。
大佛次郎というペンネームは鎌倉の大仏の裏に住んでいたことに由来しているそうです。

1103y-8.jpg

猫好きだった大佛次郎は生涯で500匹以上の猫を飼っていました。
猫について書いた作品や本人が集めた置物なども展示されています。

1103y-9.jpg

併設のティールーム「霧笛」でゆっくりとすごすこともできます。

1103y-10.jpg

来年1月からは代表作の「鞍馬天狗」についての特別展も開催されます。

★お問合せ
大佛次郎記念館 045-622-5002
ティールーム霧笛 045-622-3781


「Hi!横濱編集局」TOPへ

ハマInformation

「第9回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜」

1103i-1.jpg

1103i-2.jpg

各都道府県を代表する高校の吹奏楽部が2日に渡って演奏。
横浜市立桜丘高校も出場します。


「卓上カレンダー“横浜開港物語”発売」

1103i-3.jpg

1103i-4.jpg


開港150周年を記念して、創成期の横浜をカレンダーに。
「事始め篇」として、ガス灯やビール、パンなどを浮世絵と解説文で楽しめます。
★お求めは有隣堂各店他、ご覧の場所で。


「Hi!横濱編集局」TOPへ

2007年11月の記事

2007年11月にブログ「横濱編集局」に投稿されたすべての記事です。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前は2007年10月27日の記事です。

次は2007年11月10日の記事です。