10/27:みんなで取り組むエコライフ

1027k-top.jpg■週刊 見・聞・録
  「みんなで取り組むエコライフ」

今週は中田 宏編集長の体当たりレポート!
地球環境を守るために何ができるか?
泉区のフェリス女学院大学の取り組みと
市営地下鉄での社会実験の様子を取材。
続きを見る…




1027i-top.jpg■ハマinformation

横浜のイベント情報や
お役立ち情報をお届けします。
今回のお知らせはこちら!
  「横浜市立大学学園祭」
  「もったいないフェスタ2007」




☆次回予告
11月3日(土)は「困った時の横浜市」です。
是非ご覧下さい!

「みんなで取り組むエコライフ」

1027k-1.jpg

この夏は凄まじい猛暑で地球温暖化が進んでいることを実感しました。
私たちも足元を見つめなおし、地球環境を守るために行動することが大切です。

今回は中田 宏編集長の体当たりレポート!
「みんなでできるエコライフへの取り組み」を取材しました。


1027k-2.jpg

中田編集長と宮内記者が訪ねたのは泉区緑園にあるフェリス女学院大学。
学校のことを「エコキャンパス」と呼んでいたり、「エコキャンパス研究会」というサークルで25名のメンバーが活動しています。

1027k-3.jpg

まずは学校の中を案内してもらいました。
学内掲示板の横には「エコビジョン」があり、風力発電や太陽光発電、太陽熱利用などの自然エネルギーの発電量をリアルタイムで表示しています。

1027k-4.jpg

キャンパスの中央には赤い風車があります。
中区山手のキャンパスにはかつて地下水をくみ上げるための「赤い風車」があったことから、緑園キャンパスにも赤い風車を作りました。
最大2500ワットの発電ができる「エコキャンパス」のシンボルです。

1027k-5.jpg

こちらはビオトープ。
以前は何もない荒地でしたが、2002年に環境学を学ぶ学生たちが作りました。

1027k-6.jpg

それ以来環境教育の場として後輩たちに受け継がれています。
現在、昆虫36種類、植物93種類、鳥類8種類が生息しているそうです。

1027k-7.jpg

エコキャンパス研究会の皆さんは様々な活動をしています。
子どもたちが楽しみながら環境について学べるよう、地域の親子を対象にワークショップを開催。

1027k-8.jpg

「子どもたちがエコに興味を持ってくれたことがうれしい」とメンバーの皆さんは話します。

1027k-9.jpg

編集長と宮内記者も学生たちが作った「自転車発電」にチャレンジ!
電気を使うのは簡単ですが、作るのはかなり大変だと実感。

1027k-10.jpg

緑園キャンパスには環境に配慮した施設が数多くあります。
体育館の前にあるクール(ヒート)チューブは、外気を一旦地下に通してから内部に入れます。
地中の温度は年間ほぼ一定なので、夏は涼しく、冬は暖かく、エアコンの負担を軽くします。

1027k-11.jpg

体育館の屋根に貯水した雨水を散布するシステム。
夏は屋根が70度近くになりますが、水をまくことで30度くらいまで下がり、クーラーの負担が減ります。雨水はこのほかにもトイレ用水に使われています。

1027k-12.jpg

学食から出る生ごみは乾燥させて堆肥工場へ。
有機肥料に生まれ変わります。

1027k-13.jpg

目に見えるところに環境に配慮したものがあることで、学園生活そのものがエコにつながります。
本間学長も2001年の校舎増築の際に取り入れた「エコキャンパス化」が浸透して、学生の意識も相当高まってきたと話します。


続いては横浜市営地下鉄「センター南駅」で行われている社会実験を取材。

1027k-14.jpg

10月7日から12月16日まで、「横浜環境ポイント」というシステムの実験を始めています。

1027k-15.jpg

PASMOやSUICAを使ってセンター南駅を利用したり、環境によい活動をするとカードにポイントがたまり、公共機関や地域通貨に換えられるというもの。

1027k-16.jpg

駅構内と駅前のショッピングセンターに設置した特設のタッチパネルにカードをかざすことでポイントがたまります。

1027k-17.jpg

センター南駅がある都筑区は横浜市内で自動車の利用率が最も高い区。
マイカー利用を控え、公共交通機関の利用を促す目的で行われています。

1027k-18.jpg

ポイントをためるにはいくつかの方法があります。

1027k-19.jpg

ためたポイントは市営地下鉄の乗車券のほか、近くの横浜市歴史博物館の入場券、ポイントカードのポイント、市内緑化のための植樹積立金、地域通貨への換金などに利用できます。

1027k-20.jpg

環境活動というと我慢とか大変というようなイメージがありますが、気軽に参加してポイントをため、そのポイント数をパソコンでも見られるようにするなど楽しみながら活動を実感できるようにしています。

1027k-21.jpg

試算ではこの取り組みで年間233トンの二酸化炭素削減効果が期待できます。
これは横浜スタジアム7個分の森林の二酸化炭素吸収量に匹敵します。

1027k-22.jpg

横浜市ではこの実験結果を検討し、平成22年までに仕組みを整備する予定です。
「横浜環境ポイント」に関する詳しいお問合せは横浜市ホームページから。


「Hi!横濱編集局」TOPへ

ハマInformation

「横浜市立大学学園祭」

1027i-1.jpg

11月2日(金)から金沢キャンパスで「第57回 浜大祭」を開催。
参加者全員に何かが当たる「ビンゴ祭」などを開催。

1027i-2.jpg

11月17日(土)からは福浦キャンパスで「ヨコハマメディカルフェスティバル」を開催。
医療問題のシンポジウムなどを開催。あの小島よしおも参加!


「もったいないフェスタ2007」

1027i-3.jpg

地球にやさしいライフスタイルを提案。
28日(日)は廃品打楽器奏者・山口ともさんの「ガラクタ音楽会」など楽しいイベントを開催。

★お問合せ
横浜市資源循環局減量推進課 045-671-2530
または「観光イベントカレンダー」から


「Hi!横濱編集局」TOPへ

2007年10月の記事

2007年10月にブログ「横濱編集局」に投稿されたすべての記事です。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前は2007年10月20日の記事です。

次は2007年11月03日の記事です。