8/4:横浜基礎力養成ツアー

■夏休みスペシャル企画!「横浜基礎力養成ツアー」

0804-1.jpg

4月から新メンバーになって4ヶ月。記者たちの取材力をより高めてもらおうと、蒲田副編集長が企画したのは「横浜基礎力養成ツアー」。いつものスタジオを飛び出して横浜の街を全員で探索します。


0804-2.jpg

「ハマヘン」一行がまず訪れたのは日本大通りにある「横浜都市発展記念館」。
1859年の横浜開港から現在まで、横浜の発展をインフラ、暮らし、文化などの面から紹介しています。


0804-3.jpg

横浜都市発展記念館の青木祐介さんから記者たちに「お題」が出されます。


0804-4.jpg

まずは宮内&久保記者へのお題。
これは明治時代の下水道の実物大の模型です。横浜には開港当初のインフラが今でも地下に埋まっています。そこでお題は…
「横浜のどこかに埋まっている明治の初めに作られた西洋瓦とレンガを探すこと」


0804-5.jpg

近代建築に欠かせない西洋瓦とレンガ。横浜にはフランス人・ジェラールが経営する工場がありました。そのジェラールのレンガを探して二人が向かったのは山手の洋館。
現在8館が保存・公開されています。

0804-6.jpg

元町公園の中にある「エリスマン邸」は現代建築の父と呼ばれたアントニン・レーモンドの設計で2階は資料室になっています。
★エリスマン邸 045-211-1101


0804-7.jpg

ここから歩いてすぐの「山手80番館遺跡」。
関東大震災で倒壊してしまった西洋館の遺跡ににジェラールの工場で作った西洋瓦とレンガが使われていました。

0804-8.jpg

ジェラールの工場は現在の元町公園付近にあり、山手の西洋館で数多く使われていました。
また、山手の湧き水を利用して船への給水も行い、この工場は「ジェラールの水屋敷」と呼ばれました。日本で最初に作られた「ビール」も山手の湧き水を使っていました。


0804-9.jpg

取材でお腹がすいた宮内&久保記者は元町商店街の「ウチキパン」へ。
日本で最初にイギリス式食パンを作った「ヨコハマベーカリー」を引き継ぐ、日本最古の食パン屋さんです。

0804-10.jpg

もちろん名物はイギリス式食パンの「イングランド」。
開港当時と同じ作り方で作られています。
★ウチキパン 045-641-1161


0804-11.jpg

もう一方の藤下デスク&東村記者チームへのお題。
こちらは明治時代の「アイスクリーム製造機」。桶に氷と水を入れて材料を固めました。
そこで…
「日本人が初めてアイスクリームを製造・販売した場所は?」


0804-12.jpg

このお題の答えを探しに向かったのは横浜中華街。
「横浜の食といえば中華街!」と藤下デスク。
アイスクリームのことは後回し?

0804-13.jpg

二人が入ったのは関帝廟通りにある上海料理の「大新園」さん。

0804-14.jpg

こちらの名物はワンタン料理。
焼き・揚げ・つけ・スープの4種類のワンタンが味わえます。
(もちろん「アイスクリーム発祥の地」はここではありません)
★大新園 045-681-3432


0804-15.jpg

さて、寄り道(?)を終えた二人は本来の取材のため、馬車道へ。
ここが「日本のアイスクリームの発祥の地」です。

0804-16.jpg

1869年にここ馬車道で町田房造という人物が日本で初めてアイスクリームを作りました。

0804-17.jpg

その当時のアイスクリームを可能な限り再現したのが「相生・馬車道本店」さん。

0804-18.jpg

原材料は牛乳・卵黄・砂糖で添加物は一切無し。
さっぱりとした口当たりとほんのりとした甘さ、昔懐かしい味わいです。
★相生・馬車道本店 045-681-1661


0804-19.jpg

取材後の集合はみなとみらい21地区。
「マリノスタウン」は今年1月にオープンした横浜F・マリノスのクラブ拠点です。

0804-20.jpg

グッズショップの「トリコロールワン」はマリノスグッズがズラリと揃っています。
★トリコロールワン・みなとみらい店 045-210-0831

0804-21.jpg

ここはサッカー通の蒲田副編集長が取材。
小宮山選手・斎藤選手にインタビュー。

0804-22.jpg

8月11日(土)には横浜FCとの「横浜ダービー」が日産スタジアムで行われます。
横浜市民にとって注目の一戦。キックオフは夜7時です。


0804-23.jpg

マリノスタウンの隣にある「横浜みなとみらいスポーツパーク」に集合したハマヘン記者一行。
日本サッカー協会公認の人工芝グランドでは、夜11時までサッカーやフットサル、ラグビー等が楽しめます。(事前の登録が必要です)

0804-24.jpg

PK戦で汗を流す藤下・東村・宮内・久保の4人。
ハマヘン記者として「横浜基礎力養成ツアー」で横浜の魅力を再認識できた(?)ようです。


横浜には個性的な景観や歴史的な建造物がたくさんあります。
これらの地域資源を育んできたのは多文化・新技術を受け入れてきた横浜の「開放性や創造性」です。

開港150周年に向けて様々なイベントや観光情報を発信する横浜を訪れ、新しい発見をしてみてください。

★今回の取材先
横浜都市発展記念館 045-663-2424
  (9月14日(金)より写真展「写された文明開化」が開催されます)

横浜みなとみらいスポーツパーク 045-222-8189
  (8月20日(月)にオープン1周年記念イベントが行われます)



■ハマ・インフォメーション

「開港150周年記念・バラの名称募集」

0804-25.jpg

開港150周年を記念するバラは明るいサーモンピンクの大輪種。
その名称を募集します。

★応募先
横浜市緑の協会:045-309-2220
ホームページからも応募できます。
★お問合せ
横浜市環境創造局環境活動事業課 045-671-2624

「横浜エスペラント週間」

0804-26.jpg

世界中の人々が自由に交流するための国際共通語「エスペラント語」について語り合うと共に、様々なイベントが行われます。

★お問合せ
国内準備委員会 045-221-2155



☆次回予告
8月11日(土)の週刊見・聞・録は「街の逸品!地域ブランド」です。
お楽しみに!

2007年08月の記事

2007年08月にブログ「横濱編集局」に投稿されたすべての記事です。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前は2007年07月28日の記事です。

次は2007年08月11日の記事です。