☆12月20日(日)特別番組と同時開催しました!

2015年12月20日

多くの方とあすの地球と「食」を体感していただくイベントに「大豆100粒運動」も出展しました。
一食につき20円が世界の食糧支援に寄付される「TABLE FOR TWO」のメニューもご用意しました。
当日はたくさんの方にお越しいただき、番組の生放送やスペシャルライブをご覧いただきながら、日本各地の大豆の実物を地図に貼り付けた「大豆100粒運動マップ」などの展示や、関連商品のお買い物をお楽しみいただきました!
番組内では、相模原市の幼稚園での「親子味噌作り」の生中継もあり、大豆のパワーを感じる一日でした。

【内容】
大豆製品から野菜まで、いろいろな販売や試食を実施!
大豆100粒運動公認のお醤油など加工品、「とうふ工房とちぎや」(逗子市)の国産大豆を使った豆腐、お揚げ、とうふドーナツ、「高梨農園」の新鮮三浦野菜(キャベツ、大根、ブロッコリーなど)、手作りピクルス、ジャム など・・・

【会 場】tvk 1F ヨコハマNEWSハーバー

151220.jpg

【番組概要】
『あすの地球と子どもたち~LIVE TOGETHER』
今年のテーマは「食」
世界では7億9500万人を超える人々が飢餓に苦しんでいるといわれ、発展途上国では栄養不良のために5歳になる前に命を落とす子どもの数は1年間で500万人以上というデータも。その一方で、日本のいわゆる食品ロスの量は世界の食品援助量を上回る年間500~800万トンにのぼります。命を繋ぐために必要な、まさに限りある食料資源についての意識、先進国と発展途上国のアンバランスなど、様々な問題が”あすの地球と子どもたち”の足元で起きています。
番組では「食」の問題に取り組む国連WFPの活動をはじめ、フードロスに関する取り組みなどを紹介しながら、視聴者の皆さんと食に関する問題を共有し、あすへの歩みを一歩すすめていきたいと考えています。


最近の日記

バックナンバー

大豆100粒運動について

リンク