大豆100粒運動開始! 2006年6月8日

2006年06月08日

いよいよ始まる「大豆100粒運動」!
今年初めての取り組みにもかかわらず、20校約1700人の
子どもたちが大豆を蒔いてくれることになりました。

今日は、参加校の先生たちにtvkの会議室に集まってもらい
「栽培説明会」を開催しました。

0608-2.jpg
▲「肥料は?」「ハトの食害を防ぐには?」熱心にメモを取る先生たち

「初収穫をなんとしても大豊作で笑顔で迎えさせてあげたい!」
そんな熱い思いの講師のみなさんは、県農業技術センターの指導員の山田さん、
高橋さん、在来品種の「津久井在来」を提供して下さった津久井の養鶏農家・石井好一さん。

先生がたを励ましたい、と 大豆100粒運動の提唱者・辰巳芳子さんも駆けつけました。
会場は20名近い参加校の先生がたの熱気でムンムン。

辰巳さんの語る「運動への思い」を丁寧にメモし、栽培方法について 具体的な質問が挙がります。



▲大豆を育てることで、子どもたちに命の手ごたえを感じて欲しい、と辰巳芳子さん

数年前から石井さんの指導のもと大豆栽培をしている根小屋小学校
(相模原市津久井町)の前田先生の経験談には特に熱心に聞き入っていました。

さあ、もうすぐ種まきです。 たくさんの学校の畑で、
子どもたちの期待いっぱいドキドキの笑顔が見られることでしょう。


最近の日記

バックナンバー

大豆100粒運動について

リンク