デジタル3ch テレビ神奈川

春は肌トラブルの季節!

知っているつもりで間違ったスキンケアをしてしまったら大変ですよね。やはり専門家のアドバイスが必要です。
今日のテーマは「春は肌トラブルの季節!」
お答えいただくのは「SKINCOSMECLINIC」の後藤 礼院長 です。

▽この時期は肌の悩みって多いんですか?

■最近とても多くなっています。私は今、川崎と戸塚で治療を行っていますが、 4月に肌トラブル専門のクリニックを 二子玉川にオープンすることにしました。

▽それだけ「肌トラブル治療」のニーズが高いわけですね・・・ということは暖かくなって「春が来た!」って喜んでいてはいけないということですか?

■残念ながら肌にとって「春はトラブルの季節」なんです。原因は色々ありますが、大きく分けると3つです。

①花粉・黄砂などのアレルギー
花粉症で皮膚トラブルが出る人もいます。特に目の周りなどは皮膚炎になりやすいところです。
②紫外線
春の紫外線は強くて、3月は夏が終わった9月はじめの強さと同じ。紫外線の刺激で肌細胞はダメージを受けると、肌の水分が奪われ、乾燥肌の原因になります。
③自律神経の乱れ
気温や天候の変化で、自律神経が乱れると肌の代謝機能が低下して、バリア機能がガタガタになってしまう

確かに全部肌に悪いことばかりですね。
肌のためには、花粉も紫外線も自律神経の乱れも防がないといけないんですね。

■その通り、マスクやメガネで花粉を防いだり、日焼け止めクリームで紫外線を防ぐ、また、適度な運動や規則正しい生活で自律神経のバランスをとってください。

▽防ぎきれないと肌はどんな状態になるんですか?

■トラブル肌になると・・・
皮脂膜が不足して肌が無防備
角質層の層構造が乱れている
(保湿機能・バリア機能の低下)
表皮の新陳代謝の乱れ・鈍化
その結果が積み重なると、シミになったり、シワになったりと肌は深刻な状態になります。
 
▽怖いですね・・・この時期のスキンケアで注意する点ってありますか?

■春のスキンケアのポイントは基本的なことですが・・・

①メイクは帰宅したら早く落とす
(花粉やホコリが付着しているので早めに洗い流す)
②洗顔は32度くらいのぬるま湯で
(熱い湯で洗顔すると必要な皮脂を落としてしまい、乾燥の原因に)
③拭き取りはこすらずに
(タオルでこすらずに、軽く吸い取るような感じで)
④洗顔後は化粧水をたっぷり
(水分を角質層まで浸透させるようにたっぷり使いましょう)

▽これ以外に後藤先生からスペシャルアドバイスはありますか?

■ありますよ!
保湿スプレーの携帯をおすすめします。みなさん朝と夜の2回スキンケアしていますが、それだけだと日中肌の水分は驚くほど奪われています。保湿効果のある化粧水をスプレーに入れて携帯し、気が付いたらシュッとすると効果的です。

▽後藤先生は肌の専門医ですが、肌トラブルの専門的な予防や対処法ってあるんですか?

■肌専門医によるメディカルスキンケアという方法があります。

▽「メディカルスキンケア」ってどういうことをするんですか?

■ひとことで言えば「肌を科学的に医療でケアすること」・・・です。
現代は環境やストレス、加齢など肌がさまざまな要因でダメージを受けています。それを科学的な方法で医療によって予防したり、メンテナンスしたりします。

▽具体的にはどんなことをするのですか?

■具体的な話しをすると、例えば

*イオン導入
*ケミカルピーリング
*エレクトロポレーション
*ドクターコスメライン(リメディ)
*注射による乾燥ケア

▽先ほど話のあった深刻なダメージを受けてシミやシワという状態まで行ってしまった場合の治療法はあるのでしょうか?

■深刻な状態の場合は、もう予防では間に合いません。その場合はダメージに合わせた治療をします。
たとえばさまざまなレーザーを照射してシミに対処するレーザー治療や・・・・・(シワの治療法)でシワに対処する治療などがあります。
*いずれにしても医師とよく相談して、自分に合った方法を見つけることが大切です。

▽肌はほんとに個人差がありますし、それぞれに合った対処法があるわけですね。
自分で出来るケアと、専門家によるメディカルスキンケア、そして治療、上手に選んで美しい肌を目指していきたいですね。

ctgr_thu_garden.jpg