あっぱれ!KANAGAWA大行進

この番組は神奈川県33市町村を巡り、そこに住まう人々の暮らしや文化、名所を紹介するものです。

2月22日:愛川町

1年間かけて神奈川県内全市町村をくまなく巡る
超・地元密着番組『あっぱれ!KANAGAWA大行進』。

当日撮影した内容をその日に放送する、
     鮮度抜群の「撮って出し」でお送りします。

%E6%84%9B%E5%B7%9D%E7%94%BA02-0222-0000.jpg
今回は、県の中央北部にあり、自然と産業が調和する「愛川町」
からの“撮って出し”でした。

02-0222-01.JPG
「あっぱれの時間です!」オープニングは道路沿い!?

02-0222-02.JPG
ここは「横須賀水道みち」の「水道坂」とのこと。この場所で
なかなか横須賀を想像するのは難しいですよね。実は、旧日本
海軍が横須賀軍港や軍艦などの用水として愛川の水をこの道の
下に送水管をつくって送っていたそうです。その距離53km!

02-0222-03.JPG
そして、あさイチ「ハガキ」をご紹介。先週の放送で赤間アナ
が描いた「ロクさん」の似顔絵が似ていると評判に!他にも
たくさんの方からおたよりをいただきましたよ。

02-0222-04.JPG
で。今日は、地図フリップの裏にも描いてるし(笑)。

02-0222-05.JPG
タイトルコールのあと・・・

02-0222-06.JPG
この水道坂の急勾配を下りていきました。その先に広がるのは…
愛川の田園風景とひたすらにまっすぐ伸びる直線道路!ちなみに、
電力を一切使わず自然流下で横須賀まで送水していたというから
驚きです。水源地が高台だから、こんな上り坂でも水は勢いよく
横須賀に向かって駆け上がるように流れていたんですね。。。

02-0222-07.JPG
広がる田園風景と仏果山や丹沢大地の山並みを眺めつつ下りて
いくあっぱれ隊。時間を掛けて下りた先には・・・

02-0222-08.JPG
・・・はい!毎度おなじみ(笑)愛川町の愛すべき観光キャラ
クター「あいちゃん」が昨年に引き続き約1年ぶりの登場です!

02-0222-09.JPG
始まったばかりの「地元の逸品スタンプラリー」開催の告知を
まるで当たり前のように(笑)行い、あっぱれ視聴者にしっか
りアピール。

02-0222-10.JPG
ハイ、あいちゃん。よくできました!最後に時間を掛けて坂を
下りてきたあっぱれ隊代表・デビさんからあいちゃんにご注文。
「この番組、“撮って出し”なんで、もうちょっと上の方で待っ
ていてくれないと」(笑)。

02-0222-11.JPG
角田地区の小高いエリアにやってきました。ここで赤間アナ
にとっては「記憶にない」、デビさんにとっては「懐かしい」
音が聞こえてきました。その音の鳴る方へ近づき・・・

02-0222-12.JPG
デビさんと赤間アナが踏み入れた場所は・・・

02-0222-13.JPG
なんと・・・

02-0222-14.JPG
・・・もうお分かりですよね。

02-0222-15.JPG
「サガミ堂RCレーシングトラック」代表の小室崇仁さんに
迎えていただきました。その音の正体は、小型エンジンを
積んだラジコン!

02-0222-16.JPG
何と!ここは1週300mの大型オンロードサーキットでした!

02-0222-17.JPG
いや、速いのなんのって。ワタシのしょぼいデジカメじゃ
走っているラジコンがキレイに写りません(苦笑)。

02-0222-18.JPG
デビさんのこの嬉しそうな顔(笑)。ミニ四駆世代は20代~30代。
ラジコン世代は40代オーバー(笑)小、中学校当時、値段が高くて
なかなか買えなかった本格的なラジコン。エンジン車となると、
なおさらです。

02-0222-19.JPG
さらに、デビさんが驚いたのがコントローラ。その当時とは
全く違う形状で、もの凄い進化を遂げていました~。

02-0222-20.JPG
デビさんの表情で察したのか、突然、真っ赤なラジコンカーを
差し出した小室さん。「エンジンのタイプは難しいので、この
電動カーで体験してみませんか?」

02-0222-21.JPG
コックピットに電動カーをセッティングした小室さんから「OK」
の合図をいただき・・・

02-0222-22.JPG
・・・コースを見渡せる展望スペースから操作を始めたデビさん。

02-0222-23.JPG
・・・が、しかし。少しだけ走ってすぐにコースアウト(笑)。
いやいや、それにしても、ラジコンに憧れていた皆さんが、愛川
の自然の中で音も気にせず思いっきり楽しめる場所を知った時の
喜びは相当なものだったでしょうね。とは言っても、電動カー
(一般的なモーター車)はもちろん、初心者も大歓迎だそうです。

02-0222-24.JPG
ここにコースを作って20年。小室さんにエンジンRCカーの魅力を
伺ったところ…ズバリ!「音」「臭い」「煙」(笑)。今日も
その魅力にどっぷり浸かっているファンの方がたくさんいらっ
しゃっていました。
☆サガミ堂RCレーシングトラック
 住所:愛川町角田梅沢1147
 TEL:042-756-3477
 営業時間:9:30~17:30
 ナイター営業(土曜のみ):18:00~22:00
 定休日:木曜日(祝日は営業)

02-0222-25.JPG
今回、予約したランチのお店は・・・

02-0222-26.JPG
・・・春日台地区にある「レストラン ラピュタ」さん。
スゴイ!ラピュタは本当に・・・愛川にありました(笑)。

02-0222-27.JPG
シェフの首藤栄二さんと由美子さんに迎えていただきました。
さっそく、出していただいたメニューは・・・

02-0222-28.JPG
デビさんには「とろとろオムライス」。

02-0222-29.JPG
赤間アナには「ビーフシチューオムライス」。

02-0222-30.JPG
ラピュタのオムライスはご飯の上にオムレツ、その上に
具材がのったスタイル。しかも種類によってライスの
味付けが違う(ケチャ/ガーリック/トマト/バターetc)
これとは別にコースもあるので仕込みが大変そう。。。

02-0222-31.JPG
表向きはフレンチなのにメニューの半分はオムライスという
不思議なお店なんですね~。

02-0222-32.JPG
元々、ホテルの料理長を目指し、東京のホテルでフレンチの
修行を続けていた首藤さん。その後、独立を考え、愛川町に
店舗兼住宅でお店を構え、今年で17年目。当初は、この土地
になかったコース料理をメインとしていたそうです。サイド
メニューのオムライス(3種)が「3回で食べ切られてしまう」
という考えから、日に日にバリエーションが増え今ではその
種類は20種類以上!!ちなみに、お店の名前を「ラピュタ」
に決めて以降、店内の装飾のほとんどのラピュタグッズは、
お客さんが持ち寄ってくれたものだそうです。愛。
☆レストラン ラピュタ
 住所:愛川町春日台4−1−13
 TEL:046-286-3839
 営業時間:(ランチ)11:00~15:00
      (ディナー)17:00~21:00
 定休日:月曜日

02-0222-33.JPG
ふたりは半原地区へ。中津川マス釣り場に流れ込んでいる
「南沢」を歩くこと5分。小さいけれどとっても良い雰囲気
の「塩川神社」に立ち寄りました。

02-0222-34.JPG
両手で「八拍」など、作法が独特で驚きましたが、きっちり
とお参りしつつ・・・

02-0222-35.JPG
さらに、清流の脇を登っていくと・・・

02-0222-36.JPG
そこに現れたのは・・・

02-0222-37.JPG
・・・「塩川滝」です。滝幅4m、落差30m。
724年~729年の神亀(じんき)年間、奈良東大寺の僧性が
ここに清流権限を祭ったとの伝承が…(少し難しいですよね)
看板の説明によると、もともとは修行の場(滝行)。手軽な
滝とはいえ、しっかり由緒もあり、パワースポット的な要素
もある素敵な滝でした。
☆塩川滝
 住所:愛川町半腹948先

02-0222-38.JPG
滝からのマイナスイオンを感じながら「おたよりコーナー」。
赤間アナがボクシングジムに通い始めた話題を受けて、デビ
さんから「戦隊ものヒロインに挑戦するのもいいね~。独自
の変身ポーズ、考えて。」とむちゃブリ。

02-0222-39.JPG
すると奇跡が!何の迷うことなく見事なレスポンスの速さで
変身ポーズ「ラブリーピンク!!」をキメたのでした!

02-0222-40.JPG
これには普段厳しめジャッジのデビさんも「今年一番!」。
もしかしたら、2020年度の『あっぱれ!』から赤間アナを
起点とした新シリーズが始まるかもしれません(笑)。

02-0222-41.JPG
いや、それにしても今回のロケは坂が多くて(笑)。
続いてふたりは、半原小学校入口の交差点を宮ケ瀬方面へ。
愛川町で一番高い仏果山に入る坂道で・・・

02-0222-42.JPG
・・・カフェの存在を示す看板を発見。

02-0222-43.JPG
さらに奥へ・・・

02-0222-44.JPG
小さな引き戸を開けると・・・

02-0222-45.JPG
カウンター越しにダンディーなマスターがいらっしゃいました。

02-0222-46.JPG
カフェの名前は・・・「仏果堂」さん。

02-0222-47.JPG
マスター/木藤整(ひとし)さんにいろいろ伺いました。
元々は、隣で骨董屋を営む叔父さんが、友達を呼んで
お茶を飲めるスペースを作ろうと自宅を改築。

02-0222-48.JPG
2000年頃、叔父さんから「(増築を)手伝って欲しい」と
声をかけられ、時間が合うときに手伝うように。当時は
海老名でカフェに勤めていた木藤さん。いずれは…と思って
いたところ、完成した際に「やってみれば?」という叔父さん
の一言で始めることに。

02-0222-49.JPG
何と、コーヒー豆はご自宅で自家焙煎!しかも、手作業で
じっくりと・・・「コーヒーを好きになってもらいたい」ので
お客さんが飲みやすいコーヒーを提供することを心掛けて
いるそうです。

02-0222-50.JPG
さきほどオーダーしたものの、つくっていただくのは木藤さん。
こうして話し込んでいる間は完成しない事態に大笑い!

02-0222-51.JPG
一度、仕切り直して番組的にはエンディングの準備へ。

02-0222-52.JPG
今回、つくっていただいたのは「ホットコーヒー(コロンビア)」、
「カフェドショコラ(期間限定)」「仏果堂パフェ」の3品。

02-0222-53.JPG
カウンター、ヤグラ屋やコタツ席、テラス席(景色が最高)も
あり、空気感も含め、とても静かで時間を忘れることができる
とっても居心地の良い場所でした。
☆仏果堂
 住所:愛川町半原3058
 TEL:045-871-9338
 営業日:月、水~日
 営業時間:12:00~20:00
 定休日:火曜日(祝祭日は営業)

02-0222-54.JPG
仏果堂からの絶景を眺めつつ、デビさんが「いいなぁ・・・」と
つぶやいたのが印象的でした。まさか、デビさん、移住か(笑)。

~というわけで、今回『あっぱれ!』いかがでしたか。
デビさん&赤間アナへのメッセージ、番組へのご意見・ご感想、
あなたの街の激レア情報etc.おたよりお待ちしています!

<本日のロケ弁当>
02-0222-57.JPG
地元・愛川町中津「くいしん坊」さんのお弁当。


◆次回2月29日(土)放送は「大井町」からお送りします!

プレゼント申し込みは「今回のプレゼント」コーナーを御覧ください。