あっぱれ!KANAGAWA大行進

この番組は神奈川県33市町村を巡り、そこに住まう人々の暮らしや文化、名所を紹介するものです。

11月2日:真鶴町

1年間かけて神奈川県内全市町村をくまなく巡る
超・地元密着番組『あっぱれ!KANAGAWA大行進』。

当日撮影した内容をその日に放送する、
     鮮度抜群の「撮って出し」でお送りします。

%E7%9C%9F%E9%B6%B4%E7%94%BA31-1102-0000.jpg
今回は神奈川県南西部に位置する真鶴町へ!
海や山にと自然豊かな土地であることに加え、
「源頼朝伝説」や「三ツ石」といった聖地を
はじめとする、さまざまな伝承・伝説が伝わ
る神秘的なパワーを秘めた場所としても有名
です。

31-1102-01.JPG
真鶴港で清々しい朝を迎えました。。。

31-1102-02.JPG
「あっぱれの時間です!」~ごあいさつの後、朝イチメール
の内容が「放送30分前から正座して待っている」との事でした
ので、ふたりも正座してお送りしてみました(笑)。

31-1102-03.JPG
地図フリップで今回、ランチでおじゃまする場所などに
触れたあと・・・

31-1102-04.JPG
・・・あっぱれ!KANAGAWA大行進、スタート!

31-1102-05.JPG
真鶴港の「真鶴町漁協直販所」に立ち寄ると、朝からたくさんの
人が集まっていました。

31-1102-06.JPG
と、ここでデビさんが久し振りの再会!真鶴町漁業協同組合の
朝倉さんです。いきなりのデビさんとのジャンケンにお付き合
い頂きつつ(※朝倉さんの勝ち)、販売前の忙しいタイミング
でしたが、いろいろお話しを伺うことが出来ました。

31-1102-07.JPG
直販所には獲れたばかりのお魚がいっぱい!漁協直営の定置網
で今朝、水揚げされた魚をこれから販売するそうです。

31-1102-08.JPG
今はカンパチやアカカマスあたりが旬みたいですね。。。

31-1102-09.JPG
販売を開始するや、大きな魚たちが次々と売れていく様子に
驚きのデビさんと赤間アナでした。

31-1102-10.JPG
真鶴町に来るとここ数年「ジャンケンで勝ったらメイク道具で
おでこに“ま”と書く」罰ゲームを継続中のデビさん。朝倉さん
に負けた悔しさにまかせて赤間アナにジャンケンを強要するも
負けて、逆に“ま”と書かれる出だし(笑)。

31-1102-11.JPG
悔しさが上乗せされたところでメイクのホシノさんとジャンケン
するも、また負け(笑)。

31-1102-12.JPG
デビさんの気持ちが収まらず、直販所のお客さんとジャンケン
しても、またまた負け。。。どうした、デビさん(笑)。
☆真鶴町漁協直販所
 住所:真鶴町真鶴1947
 TEL:0465-68-0164
 定休日:水曜・日曜、祝日不定休
     ※荒天、不漁の日はお休み
 営業時間:基本9:30~売切れ次第閉店
 ※開店前に来た方は店前の受付票に名前を記入して下さい。
 HP:「真鶴町漁協直販所」で検索

31-1102-13.JPG
次に訪れたのは、二年前におじゃました「KENNY PIZZA」さん。
とってもおいしいピザ屋さんです。

31-1102-14.JPG
ここで店主の向井さんと再会!元気そうで何よりです。最近、
ご近所にパン屋さんが出来たそうで、店名をお聞きすると
「秋日和」さん・・・どこかで聞いたことがあったような!?

31-1102-15.JPG
何と、向井さんに対してもジャンケンをしたデビさん。
結果は空しくも負け。。。

31-1102-16.JPG
よせばいいのに、向井さんの奥様にも挑戦して負け。。。
屈辱の6連敗達成です(笑)。

31-1102-17.JPG
ということで、KENNYさんはオープン前なので諦めて、
先程伺った新店舗「秋日和」さんにパンを買いに行きました。

31-1102-18.JPG
中に入ると清水秀一さん綾香さん夫妻がお出迎え。おふたりを
見て、以前「真鶴テックラボ」内で営業した頃にお会いした事
を思い出しました。つい先日オープンとのことで、遂に念願の
お店を持つことが出来てよかったですね!

31-1102-19.JPG
その当時よりパンの種類も多くなっていました。オープンに
向けて着々と準備していたんですね。

31-1102-20.JPG
そんな喜ばしい清水さんにジャンケンを要望して、勝っちゃう
デビさん。う~ん、ここはお祝いがてら負けましょうよ(苦笑)。

31-1102-21.JPG
奥様はお会計中でしたので何とかジャンケン回避(笑)。
前回お会いした時のお店は一畳半ほどのスペースでしたが、
今回はイートインもできる立派なお店!10月30日(木)に
オープンしたばかりということであっぱれ!的にはナイス
タイミングでおじゃますることができました。
☆パン屋 秋日和
 住所:真鶴町岩296-2
 TEL:0465-46-6215
 営業時間:10:00~17:00
 定休日:月曜・火曜
 HP:「パン屋 秋日和」で検索


31-1102-22.JPG
今回、ランチでおじゃましたのは・・・

31-1102-23.JPG
真鶴漁港近くにある洋風レストラン「honohono(ホノホノ)」へ。

31-1102-24.JPG
店内の雰囲気はこんな感じ。キレイでおしゃれな空間です。

31-1102-25.JPG
代表の入江真太郎さんに迎えていただきました。店名が気に
なっていましたが、何と、店名の「hono」 は、ハワイ語
で「入江」という意味だそうです。

31-1102-26.JPG
前菜を運んでくださったのは奥様の未央さん。

31-1102-27.JPG
かぼちゃのスープ、里芋のフリット、ひと手間入った
鮮魚のカマス・・・どれも地元の食材で美味!

31-1102-28.JPG
続けてシェフの御園和臣さんがメインディッシュを運んで
下さいました。

31-1102-29.JPG
赤間アナには魚のランチ。鮮度抜群の白身魚とシナモンバジルの
ソースとの相性が最高です!

31-1102-30.JPG
デビさんにはお肉のランチ。産地にこだわらず、とにかく良質な
お肉で調理。この奥深い味わいソースは一体、どういうことです
か!おいしいにもほどがあります(笑)。

31-1102-31.JPG
「うまっ。」・・・デビさんも言葉が続かず。

31-1102-32.JPG
未央さんのガッツポーズ!ということは、またしてもジャン
ケンで負けたデビさん(笑)。こんな日もあるんですね~。
イタリアン・フレンチの経験のあるシェフが作る、立地を
いかした新鮮魚介と、地の野菜を使った日替わり肉ランチ&
魚ランチは最高でした!
☆honohono(ホノホノ)
 住所:真鶴町真鶴1027
 TEL:0465-20-8556
 営業時間:11:30~14:30 L.O./17:30~20:30 L.O.
 定休日:火曜・水曜
 HP:「真鶴 ホノホノ」で検索


31-1102-33.JPG
フェンス越しが気になるふたり。。。真鶴は、知る人ぞ知る
「小松石」という希少な石の産地として知られているのです
が・・・

31-1102-34.JPG
ケープ真鶴・番場浦(ばんばうら)駐車場で、真鶴町・石の
彫刻祭実行委員会の卜部(うらべ)直也さんにお会いしました。

31-1102-35.JPG
ちなみに卜部さんはジャンケン、負けました(笑)。

31-1102-36.JPG
「真鶴町・石の彫刻祭」では、現在、注目の現代彫刻家が集結して
滞在制作を行っている真っ最中ということで・・・

31-1102-37.JPG
今回、特別に作業現場の中に入れていただきました。

31-1102-38.JPG
制作中だった新鋭彫刻作家の絹谷幸太さんにお会いしました。

31-1102-39.JPG
素材はとっても大きな小松石。「創知彫刻」と題した作品を制作
しているそうで、完成は来年!?

31-1102-40.JPG
子どもの遊具となるような体感できる作品を目指している
そうで、その完成形が楽しみです。絹谷さんの作品のほか、
完成した石彫作品の数々は2020年、町内各所に点在設置を
するそうです。
☆真鶴町・石の彫刻祭
 開催期間:9月20日~11月30日
 設置・展示場所:真鶴町内
 お問い合わせ:真鶴町政策課戦略推進係
 TEL:0465-68-1131(代)
 HP:「真鶴町 石の彫刻祭」で検索

31-1102-41.JPG
ちなみに、絹谷さんにもジャンケン対決をしたデビさん。
結果は負け・・・もうこの結果に慣れてきました(笑)。

31-1102-42.JPG
続いては「オレンジフローラムファーム」にやってきました。
デビさんは、およそ6年ぶりの再訪です。

31-1102-43.JPG
ナチュラル&オーガニックにこだわる果樹園で皮まで食べられる
安心なものを提供し、レモン狩りや農業体験ができます。

31-1102-44.JPG
ということで、佐宗喜久子さんとデビさんも約6年ぶりの再会
です。

31-1102-45.JPG
この時期のグリーンレモンは香りが強く、収穫時期を迎えた
ばかりだそうで、デビさんもレモン狩りを体験。

31-1102-46.JPG
レモンの表面からは何も匂わないのに、枝から切り落とした部分
からはとっても爽やかな香りが!

31-1102-47.JPG
レモン狩りを終えてテラスのある方へのぼっていくと・・・

31-1102-48.JPG
・・・相模湾の素晴らしい景色が!

31-1102-49.JPG
テラス席で出迎えてくれたのは喜久子さんの息子さんの奥様
・美穂さん。

31-1102-50.JPG
この時期のレモンの香りの強さを感じてもらいたいと
いうことで、レモンスライスが入ったティーカップに
お湯を注いでいただくことに。

31-1102-51.JPG
・・・「!」

31-1102-52.JPG
ふたりの予想をはるかに超える味と香りのホットレモンを
いただいておきながら、美穂さんをジャンケンで負かして
しまうという皮肉な流れでしたが(苦笑)・・・

31-1102-53.JPG
デビさんと赤間アナは、このグリーンレモンの魅力にハマって
しまったようです。
☆オレンジフローラル ファーム
 住所:真鶴町真鶴1147-4 
 TEL:0465-69-2239 
※要予約(事前に問い合わせ、予約をお願いします)
 営業時間:12:00~15:00/不定休
 レモン狩り:11月3日(日)開始予定
 ~大人:2,000円/子供:1,500円
 入場料+レモン400g(子供200g)のお土産付

31-1102-55.JPG
エンディングは再び真鶴港へ。デビさんと赤間アナの目線の
先には・・・

31-1102-56.JPG
・・・よさこい姿の子どもたちがっ!地元のよさこいチーム
「真鶴ぼんぼんざめ」の皆さんです。

31-1102-57.JPG
デビさんのお願いに応えて、すぐさま綺麗な舞いも披露!

31-1102-58.JPG
1週間後の11月9日(土)に開催される「真鶴よさこい大漁
フェスティバル2019」は、日本で唯一!! 海をバックに、
船の上(台船)の舞台で県内外28チーム迫力満点の演舞を
行います。(※ちなみに、台船とはこの画像の右奥に浮い
ている白い部分です。)
☆真鶴よさこい大漁フェスティバル2019
 11月9日(土)12:00頃~(予定)
 会場:真鶴港岸壁広場
 HP:「真鶴よさこい大漁フェスティバル」で検索

31-1102-59.JPG
そろそろシメと思いきや、ここでも“ま”を書きたがるデビさんに
対し、逃げ回る子どもたち。おいおい、「なまはげ」か(笑)。

31-1102-61.JPG
最後の最後にまたしてもジャンケン対決の末、観念した子ども
たちは・・・

31-1102-60.JPG
・・・みんなでおでこに“ま”と書いた、いわゆる『あっぱれ!』
版“ONE TEAM”となりました(笑)。今回も真鶴町の皆さんに
元気をいっぱいいただきました!ありがとうございました!!

~ということで、今回の『あっぱれ!』いかがでしたか?
デビさん&赤間アナへのメッセージ、番組へのご意見・ご感想、
あなたの街のレア情報など、おたよりをお待ちしています!

<本日のロケ弁当>
31-1102-62.JPG
「肉の石川」さんのお弁当。


◆次回11月9日(土)は『増刊号』を放送します!


プレゼント申し込みは「今回のプレゼント」コーナーを御覧ください。