あっぱれ!KANAGAWA大行進

この番組は神奈川県33市町村を巡り、そこに住まう人々の暮らしや文化、名所を紹介するものです。

9月1日:川崎市



「あっぱれ!KANAGAWA大行進」
今回は、川崎市の南部を歩きます。


%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E9%A7%85%E5%91%A8%E8%BE%BA%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

CIMG2860.JPGデビット伊東と三﨑幸恵アナウンサー。
川崎市の川崎区の中でも最も海側で多摩川に面した浮島にある
「かわさきエコ暮らし未来館」にやってきました。
                     CIMG2868.JPG
ここは、地球温暖化、再生可能エネルギー、資源循環の
3つのテーマを体験しながら学ぶ事ができる環境学習施設。
夏休み最後の土曜日になって、
いや、地域によってはすでに2学期が始まっている頃になって
こういう場所に来るところが「あっぱれ!…」らしいと言えば
らしいところ。
                               CIMG2864.JPG
アテンダントの上野裕子さんに案内していただいていると
隣に太陽光発電所があると教わり、そちらも見せてもらうことになりました。
屋上に出ると強烈な真夏の太陽に目がくらみ…と思ったら、
なんということでしょう。
空には重たい雨雲が…。遠くには入道雲も浮かんでいるのに
我々の周りだけが雲におおわれているのでした。
眼下のソーラーパネル3万8千枚も、ちょっと元気なく見えてしまうのでした。
CIMG2871.JPG            CIMG2877.JPG
それでも、去年8月に運転を開始したこの設備で
年間に一般家庭2,100軒分、約740万kwhの発電をできるのだそうです。
更に、昨年12月に運転開始した、お隣の「扇島太陽光発電所」とあわせると
一般家庭6,000軒以上の年間電力量をまかなうことができるなんて
川崎は進んでるなあ、と思ったデビでした。
            CIMG2873.JPG
                      CIMG2875.JPG
                      【羽田空港に着陸する旅客機が
                                    すぐ目の前に見える】
CIMG2891.JPG 

        CIMG2892.JPG
エネルギーの未来の可能性を学んだ2人は
自分たちのエネルギー補充…
というわけでもないでしょうが
今回の予約店、新川通り沿いにある
韓国料理
  「光州苑(クワン・ジュ・ウォン)」へ。

           CIMG2897.JPG CIMG2899.JPG
本場韓国人が作る、家庭料理がいただけるこちらのお店。
店に入るとママの金正京(キム・チョンギョン)さんが
“四元豚の三段バラの焼肉”を焼いてくれていました。
四元豚とは、4種類の豚をかけあわせた肉で、
これを斜めに置いた水晶のプレートで焼くのです。
            CIMG2881%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
         【四元豚の三段バラ肉(¥980/写真は約3人前)】

そして、金さんが切った肉とネギ、青唐辛子、ニンニクを
ゴマの葉とサンチュに巻いてくれるのでした。
これは初めて食べたデビさんと三﨑アナ。
斜めにいて焼くので余分な脂は流れ、
ご覧のように食べまくるのでした。
CIMG2905.JPG CIMG2906%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
        CIMG2918%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG CIMG2910.JPG
そこに運ばれてきたのは、数あるメニューの中から
エビやホタテ、イカなどがたっぷり入った“海鮮チヂミ”と
生のカニを漬込んだ“ケジャン”です。
            CIMG2882%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG CIMG2890%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
              【海鮮チジミ(¥1,480)】【ケジャン小(¥1,780)】

どちらも食べたことのある料理ですが、本場の家庭料理の
美味しさです。
それもそのはず、ママは10年前に来日してお国の味を
出そうと頑張っているのです。
従業員も全員が韓国からの人。
唐辛子や調味料も韓国から仕入れたものを使っているとか。
                  CIMG2911.JPG CIMG2913.JPG

CIMG2932.JPG
川崎駅近くの、仲見世通りから平和通りへ続く商店街を
ブラブラ散策していて和菓子屋さんを発見。
店の前で水を撒くご老人の横を店に入りました。
                %E6%9C%AB%E5%BA%83%E5%BA%B51.jpg
中に入りお話を伺ってみると、
こちらは「末広庵」という、創業61年になるお店だとか。
お相手してくれた三藤哲也さんは二代目だそうで、
デビさんが「初代は?」と聞くと、
なんと!店の前で水をまいていた人が会長の義雄(85歳)さんなのでした。
          %E6%9C%AB%E5%BA%83%E5%BA%B52.jpg CIMG2930.JPG
義雄さんは息子さんに代を譲って、
大好きな絵を描く時間ができたと喜んでいるそうです。
お店にあるキャッチコピーやイラストもお父さんの手によるのだそうです。
                       CIMG2929.JPG
一番のおススメは、3年前から販売開始した“かりんとうまんじゅう”と聞いて
さっそく食べてみました。
周りのかりんとう部分のカリカリ感とスッキリとした甘さは、
一度食べたらヤミツキになりそうでした。
        CIMG2944.JPG %E6%9C%AB%E5%BA%83%E5%BA%B54.jpg
                          %E6%9C%AB%E5%BA%83%E5%BA%B56.jpg

追分の辺りで目に入ったのが
「時計屋さんのお米ハウス」というお店。
     CIMG2959.JPG   CIMG2961.JPG
中をのぞくと、本当に米とおにぎりが並び、壁には時計が並んでいます。
ご主人に聞いたらば、もともと時計屋さん。
今の場所に移転するときに、時計じゃ商売にならないなあ、
どちらも生活に必要な品だから
米も一緒に売れば便利かな、と始めたのだそうです。
       CIMG2962.JPG 
近くの八百屋さんを覗いていると、デビさん。
今度は通りの向こうに目立つ幟(のぼり)が立つ
「大島劇場」と書かれた建物を見つけました。
                    CIMG2965.JPG
このあたりの長老だという八百屋の旦那に聞くと、
大衆演劇の芝居小屋が近くにあるといいます。
デビット伊東と三﨑アナ、さっそく向かいました。
CIMG2967.JPG 
              CIMG2968.JPG
               近づくと昔ながらの芝居小屋。
               入口で唸っていると、中から役者さんが出てきました。

話を聞くとこの人は春川ふじおさんというCIMG2971.JPG
この劇団の座長さん。
自分の出番にはまだ間があるので、外が騒がしいので顔を出したのでした。
この日がちょうど『9月特別公演』の初日なんだったのです。
それにしても、川崎にこんな芝居小屋があったなんて…。
神奈川県内では、こちらとと横浜の三好演芸場の2軒だけになってしまった
そうです。

          CIMG2979.JPG
お願いしたら、劇場の中へ入るお許しをいただいたので
芝居を観せてもらいました。
思った以上のお客さんが、目の前の舞台の役者さんに声をかけながら
楽しんでいました。
旅から旅への一座の大衆演劇。
大ホールとはとは違う、客席と舞台の距離がない
芝居小屋の雰囲気を楽しませてもらったのでした。
                        %E6%BC%94%E5%8A%871.jpg

            CIMG2988.JPG
             なぜか川崎区から外れ、川崎市中部の中原区、
             JR平間駅近くに来てしまいました。
             なぜここまで来てしまったのか、と
             いぶかしがるデビさんですが、
             ここには先のロンドンオリンピックの平泳ぎ200mで
             見事、銅メダルを獲得した立石諒選手が所属する
             「NECグリーンスイミングクラブ玉川」がある、
             ということで
             三﨑アナ、もしかしたら本人に会えるかも…と思って
             強引に来てしまったのでした。

                        CIMG2982.JPG
通りに貼り出された横断幕を横目に淡い期待を胸に訪ねてみると、
案の定、本人は不在だとか。
そううまくはいきません。
でもせっかくなので、お願いしたら中の様子を見せていただけました。
        CIMG2997.JPG CIMG2986%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
ちょうどこどもたちが練習している所。
こちらは30年以上続くスイミングクラブで、
子供から年配の方まで2,500名以上もが所属しているとか。
中には、小学生や中学生で全国や世界大会にも出場するほどの実力選手も。
               CIMG2998.JPG
CIMG3002.JPG
この日も、先日行なわれた全国大会に出場した子がいる、というので
会わせてもらいました。
突如、三﨑アナ「そういえばデビさん、水泳が得意だったはず…」とつぶやくと、
有無を言わさず、急遽、こどもたちとデビさんの25m自由形のレースが
おこなわれることになったのでした。
未来の水泳界を担う、期待の小学生とデビット伊東の水泳対決。
結果はいかに!?
CIMG3005.JPG CIMG3006.JPG
【石井美沙さん(小4)/山崎里緒くん(中2)】
          %E6%B0%B4%E6%B3%B32.jpg
           【左がデビさんですが…】
                          CIMG3011.JPG


今回のプレゼントは
川崎区東田町の「菓子匠 末広庵」から
【かりんとうまんじゅう6個セット】を3名の方に。
応募方法は、このHPのプレゼントのページをご覧ください。


次回はいよいよ
tvk開局40周年記念「40時間特別番組 あすの地球と子どもたち」の中での
スペシャル版。
9月8日から9日にわたって
「あっぱれ!KANAGAWA大行進 40時間スペシャル」として
“生放送”中継と“撮って出し”の2階建て…いや、10階建て?

8日(土)は、朝7時19分頃~ 秦野市の出雲大社からの生中継でスタート!
以下、9日(日)まで生中継は全部で8回。

8日(土)よる8時32分頃~ と
9日(日)よる8時12分頃~ の“撮って出しスペシャル”もお楽しみに!