あっぱれ!KANAGAWA大行進

この番組は神奈川県33市町村を巡り、そこに住まう人々の暮らしや文化、名所を紹介するものです。

11月19日:相模原市

%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F%E5%B8%82%E5%A0%B4%E6%89%80%E8%AA%AC%E6%98%8E.jpg
                     %E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F%E9%A7%85%E3%81%A8%E5%8E%9F%E5%BD%93%E9%BA%BB%E9%A7%85%E5%91%A8%E8%BE%BA.jpg
今回は、今年3回目の相模原市からの撮って出しです。




デビット伊東と三﨑幸恵アナウンサーがやってきたのは、 在日米陸軍相模総合補給廠。 きょうと明日(11月19日・20日)開催の 「潤水都市さがみはらフェスタ2011」の会場です。

CIMG7307.JPG


開会前の一角をお借りして、tvkの番組表(1月号)の表紙写真の撮影を
させてもらいました。
前回の番組で予告したところ、怪しい空模様にもかかわらず朝から100人を越える
皆さんが集まってくださいました。
ありがとうございました。
                   CIMG7339.JPG CIMG7343.JPG
                    【写真は、tvk番組表1月号の表紙と裏表紙に掲載されます】
CIMG7319.JPG CIMG7321.JPG
そして、番組のオープニングシーンも皆さんと一緒に撮影させていただきました。
デビさん、三﨑アナもいつもよりハイテンション気味です。
全員で番組タイトルをコールしていただいた後、
2人はオープン前の会場を、フェスタ実行委員長の関戸和浩さんと
「相模原市観光親善大使」のみなさんに案内していただきました。
                         CIMG7328.JPG CIMG7331.JPG
たくさんのテントが並び、お客さんを待つばかりとなった中で
2人が案内されたのは、「さがみはらスイーツフェスティバル」のコーナー。
今年のコンテストは「市内のサツマイモを使ったスイーツ」というテーマでおこなわれ、
グランプリをとった〈さがみはらいもっこブリュレ〉と
特別賞の〈ポテ・ロール〉〈夢一輪〉など、全部で6つの入賞作品が
ここで限定販売されることになっているのです。
            CIMG7309.JPG CIMG7310.JPG
デビさん・三﨑アナ、当然に味見をしたいところですが、
この販売は昼の12時から!まだ何も届いてはいません。
市内を巡って後でまた会場に来ることしているのですが、
50個の限定販売なので売り切れてしまうだろうとのこと。
それでは!と珍しく三﨑アナがワガママを言い出して・・・というより、
甘えた声でおねだりが出て(デビさんには甘くは聞こえなかったそうですが)
グランプリ作品を生み出した「小川フェニックス」のお店に直接
押しかけることとなったのでした。
                                 CIMG7336.JPG
                                  【珍しく三﨑アナのおねだりモード】

CIMG7354.JPG CIMG7355.JPG
麻溝台のバス停のすぐ近くにある「小川フェニックス」の販売所。
スイーツを販売するお店なので、ケーキ屋さんかカフェを想像していたら、
なんと小さな、失礼ながら小屋のような建物で、
しかも看板には「卵の直売所」と書いてあるじゃないですか!
中には野菜まで並んでいます。
                             CIMG7346.JPG CIMG7358.JPG
CIMG7374.JPG
3代目の奥さん、小川いずみさんにうかがうと、
「小川フェニックス」というのは約50年前から続く養鶏場で、
「鳳凰卵」や「山吹」といった高級卵を生産・販売してきました。
「せっかくの美味しい卵を使って、スイーツを作れないものか?」と思いたち、
鳳凰卵を使ったプリンを販売したのが5年前。
たちどころに地域の評判となり大人気商品になったのだそうです。
                     CIMG7349.JPG CIMG7364.JPG
                      【冷蔵庫にスイーツがいっぱい】 【旨いぞ!と目で語りかけている・・・?】

そして今回、自ら栽培したサツマイモと卵をを使った「ブリュレ」でフェスティバルにエントリー。
お客さんたちの選考で、グランプリに輝いたのでした。
ひとつ315円の「いもっこブリュレ」を口にして、三﨑・デビの会話が止まりました。
言葉で表現できる美味しさを超えていたのでしょう。
CIMG7381.JPG
もちろん、定番商品となった「生プリン」もいただきました。
なにせ、100gほどのプリン1つに卵1個を使うという、
濃厚でとろけるような絶品とも言える美味しさに、何かを納得した二人でした。      CIMG7375.JPG CIMG7377.JPG


       CIMG7394.JPG CIMG7385.JPG CIMG7392.JPG
       【三﨑アナが今回予約していたお店は、JR相模線「原当麻駅」から少し歩き
                       山道を抜けた所で緑に囲まれた、どこか懐かしいたたずまい】

店の名前は『飄禄玉(ひょうろくだま)』
ますの唐揚げと鯉のあらい、むぎとろめしなどが名物の、地元に愛されるお店。
およそ40畳の畳敷きの店内は、どこか落ち着きを感じさせます。
CIMG7407.JPG CIMG7410.JPG
                            CIMG7417.JPG
                          ご主人の中嶋堅さんの人柄とともに愛される店です。
     CIMG7387.JPG
壁にかかる1枚の白黒写真。
そこにはノーベル賞作家の川端康成の姿がありました。
聞くと、中嶋さんの父親である先代と仲が良く、
毎年に数回の割合で来店されて食事をしていたとか。
2代目が語る、生前の文豪の人柄など、貴重な話を聞きながら、
のんびりとした時間を過ごさせてもらいました。
                CIMG7398.JPG
                 【鮎どんぶりと鯉のあらい】
   CIMG7415.JPG                CIMG7401.JPG
    【麦とろめしは素朴なおいしさ】                【虹鱒のから揚げは大根おろしと一緒に】

CIMG7428.JPG
かなり雨足が強くなってきた中、相模原駅周辺へ戻って来た「あっぱれ!隊」。
イベント会場へ戻る前にちょっと寄り道をしました。
駅向かって歩く住宅街の中で、小さな町工場を発見したのです。
                              CIMG7429.JPG CIMG7419.JPG
中を覗いてみると、土曜日なのに機会を操作する作業服姿の人々が見えます。
デビさんが恐る恐る声をかけてみると、出てきたのは常務の斉藤信二さん。
普段から「あっぱれ!…」を見ているファンで、いつ自分たちの工場に来てくれるかと
心待ちにしていた、いうことで、中を見せてもらえることになりました。

      CIMG7442.JPG CIMG7436.JPG
一緒に社長の小嶋實さんも応対してくれました。
こちらは「コジマ技研」といって、“自動串刺し機”をつくっている会社だそうです。
串刺し機というのは、焼き鳥やおでん、団子などなどに
自動で串を刺す機械。
人間の手作業の何倍ものスピードで正確に串を刺していくのです。
CIMG7440.JPG

串を刺すものの型は1200種類にものぼり、国内シェアは90%以上。
さらに今では海外からも依頼がくるということです。
丸めたエビや薄い紙などなど、色々なものに串を刺す動きに、
改めて日本の技術力を知ったデビット伊東でした。




昼過ぎから雨はますます激しくなって、 午後3時近くに「あっぱれ!隊」が 『さがみはらフェスタ』の会場に戻ってくると 会場はぬかるみ状態になってしまっていました。 それでも、親善大使の百瀬由璃絵さんが 「さがみはらぁ麺ゾーン」のテントで ラーメンを用意して待っていてくれました。

CIMG7449.JPG 



CIMG7445.JPG
会場では、相模原市内のラーメン屋16店が参加した
「さがみはらぁ麺グランプリ」という催しがおこなわれていて、
きょう明日(19日・20日)の二日間。ラーメンを食べた来場者が一票を投じ、
この中からグランプリが決定するのです。
今回のテーマは、「岩手、宮城、福島の3県の食材を使ったラーメン」。

                                CIMG7450.JPG
その中から2種類のラーメンを味わわせてもらいましたが
みんなが個性あるラーメンを一所懸命につくっているんだなあ、と感じさせる
美味しさでした。
みなさんも是非、投票してみてください。

「潤水都市さがみはらフェスタ2011」は、11月20日(日)午後5時まで。
会場は在日米軍相模原補給廠です。
明日は晴れるといいですね。

今回のプレゼントは、スイーツのグランプリを獲った『小川フェニックス』の人気商品
「生プリン」9個セットです。
ご希望の方は、このHPのプレゼント紹介ページをご覧ください。

次回(11月26日)は、「湯河原町」を訪ねます。
ご希望が多い、番組特製ステッカーと新作の番組特製キャラクターバッジの
プレゼントもあります。お楽しみに!