アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

長澤彩子アナのblog


秋のスポーツシーズン後半を振り返ります。
まずは高校サッカー。神奈川県代表に決まったのは桐光学園。去年のPK戦の悔しさをしっかりと糧にしてきました。
180914_1.jpg
サッカーに懸ける情熱、監督や家族。仲間への思い。取材では様々な思いが溢れ涙を浮かべる選手たちもいました。またスタンドに行くと毎年保護者の皆さんが声をかけてくださり、ご家族の愛情に触れるたび心が温かくなります。
競技の面白さだけではなく人として大切なことを高校サッカーから学びました。
180914_1.jpg
三浦学苑をはじめ神奈川の思いを背負い、桐光の名を全国に轟かせてくれると信じています!

そして高校ラグビー。
慶應義塾との宿命対決を制し4年連続県代表となった桐蔭学園。センバツで優勝した今年は大きな期待とプレッシャーがかかる中、桐蔭らしいボールを動かす試合運びで代表の切符を手にしました。
180914_1.jpg
180914_1.jpg
「見ていて楽しいラグビーをしたい」こう話していた藤原監督の視線の先には、高校だけではなくラグビー界全体を盛り上げたいという思いがあるのかもしれません。藤原監督を取材するたびじんわりと感じ取れる熱い思いに心を動かされます。
桐蔭学園の見据える先はもちろん単独優勝。「自分たちのやってきたことを出し切るだけ」とまっすぐ前を向いて話してくれた小西キャプテンの言葉を信じ、全力で応援したいと思います。

180914_1.jpg

そして大学ラグビーも。
担当して4年目なので、当時1年生だった選手も最高学年に。表情や話し方もすっかり大人になっていて、4年という歳月での努力を目の当たりにします。
それでも練習後に話しかけてくれる人懐っこさは変わらず、弟と接するような気分です。
180914_1.jpg
180914_1.jpg
今年は慶明戦と東海大×大東文化大を担当。どちらも最後まで分からない手に汗握る試合でした。中継をしていて幸せを感じる瞬間は、勝利インタビューに向かうまで選手の表情を見る時です。
180914_1.jpg
東海大学のアタアタキャプテンがほっとした笑顔を浮かべながらこちらに向かう姿を見て、彼の背負っていた幾重もの重圧が報われたように感じました。
今年は例年以上に接戦が予想される大学選手権。最後まで悔いなくけがなくプレーできるよう、陰ながら見守りたいと思います。

思い返せば青春時代1年しか共学生活がなかった私にとって、唯一出来た男友達がラグビー部でした。
「ラグビーってなんでそんなにぶつかるの?」「なんでそんなに反則があるの?」など失礼極まりない私の質問に対して、彼らはひとつひとつ丁寧に教えてくれました。
試合のたびに「見に来てよ!」と誘ってくれ、今ほどメジャーじゃなかったラグビーを少しでも知ってほしいという切なる思いがあったのだと思います。
180914_1.jpg
今でも当時の思い出話に花が咲き、彼らが青春時代すべてを注いだその瞬間を大事に伝えたいという気持ちにさせてくれます。私に元気を届けてくれたラグビーをはじめスポーツ界に恩返ししたいという気持ちは、これからも私の根幹にあり続けると思います。
この場をお借りして取材にご協力くださった多くの皆さん本当にありがとうございました!皆さんとは今後もどこかで会える気がしてなりません。スタンドで観戦していたら、仲間に入れてくださいね☆
180914_1.jpg