アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

長澤彩子アナのblog

先日、全国高校サッカー選手権大会神奈川県予選が幕を閉じました。
151111_1.jpg
2年ぶり桐光学園の優勝。チームのために1年間で成長を遂げた選手、辛い怪我を乗り越えた選手、そして病室から決勝を見守る仲間のために戦う選手・・・
ひとりひとりの選手が自分のためだけでななく、誰かのために戦っていました。
151111_2.jpg
そして大健闘の準優勝、東高校。
岡本監督は「決して個々の能力は高くないけれども、3年間で一番成長したチーム。試合を通して成長し、くじけずにやってくれた素晴らしい選手たち」と労っていらっしゃいました。

場内アナウンスとして、選手権の会場をはしごしていた学生時代。
身近で見ていた選手たちの笑顔や涙の神髄に迫りたいと、当時は考えていました。

そして、今年は「取材者」という立場で臨んだ高校サッカー。
取材した中で、多くの方が共通して言っていたことがあります。

それは、感謝の気持ち。
チームメイトや監督、マネージャー、学校関係者そして家族。
普段は恥ずかくてなかなか伝えられない「ありがとう」の気持ち。
リポーターとして、少しでも代弁するお手伝いができれば・・・この大会を通じて実感したことです。

優勝した桐光学園の皆さん。
神奈川代表の誇りと自信を持って戦ってきてくださいね!!
151111_3.jpg


さらに今週土曜日は高校ラグビー神奈川県大会の決勝も!
tvkでは試合の模様を生中継でお伝えしますので、どうぞご覧くださいね☆