アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

トーマスサリーアナのblog

神奈川から、高齢化社会の未来を変える

高齢化が進む日本。中でも神奈川県は、
全国を上回るスピードで高齢化が進行すると言われています。
神奈川県の2050年の年齢ピラミッドを見ると、
最も人口が多いのは、なんと85歳以上の方なんですよね。
想像もつかない超高齢化社会が、たった数十年後に迫っています。

現時点でも、介護が必要な方の寝たきり期間の長期化や、
介護費用の増大など、解決を急がなければならない問題が山積していますが、
世界的な高齢化の先を行く日本は、このような問題にどう答えを出すのでしょうか。
超高齢化社会を迎えようとしている神奈川が今、この答えを導き出すべく、
神奈川から日本、そして世界を変える大きな挑戦をしようとしています。

今年9月、神奈川県・横浜市・川崎市が共同で発表した
「健康・未病産業と最先端医療関連産業の創出による経済成長プラン
~ヘルスケア・ニューフロンティアの実現に向けて~」。

このプランの中にある「ヘルスケア・ニューフロンティア」というのは、
直訳すると「健康管理の新天地」。
これまでにない健康管理方法で、自立した生活を送れる健康で長寿な人を増やし、
また、それに伴う新しい市場を生み出そうという取り組みです。

現在、神奈川にある二つの特区、
「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」
「さがみロボット産業特区」では、たくさんの企業や研究機関が集い、
様々なアプローチでこの難題に取り組んでいます。
研究や開発の成果は、すでに実用化されているものもあり、
私達の生活に役立てられているんです。

tvkでは12月21日(土)19:00~19:59
『かながわいのちラボラトリー
「ヘルスケア・ニューフロンティア」が開く未来』と題し、
企業の革新的な取り組みをご紹介するとともに、
神奈川から開く高齢化社会の未来について考える特別番組を放送します。
コメンテーターは黒岩知事と、日経BP社・特命編集委員の宮田満さん。
私は進行役として参加しましたが、
コメンテーターのお2人や、開発に励む企業のみなさんのお話しを伺うにつれ、
神奈川が未来を変えるという期待が、確信に似た気持ちに変わっていきました。

連休初日の夜、神奈川の挑戦を是非ご覧ください!
ana131222.jpg
>>『かながわいのちラボラトリー「ヘルスケア・ニューフロンティア」が開く未来』
番組ページはこちら