アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

三崎幸恵アナのblog

昔ながらの・・・

これ、何だと思います?

%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8D%E2%91%A0.jpg

おそうじに使います。

「ほうきでしょ。知ってるわよ!」と言いたくなるかもしれませんが
今は、知らない子供たちもいるそうなんです。
あっぱれ!KANAGAWA大行進で、愛川町にお邪魔したとき、
6代続くほうき屋さんに出会いました。

ほうき作りの体験教室を開いて
「これは、どうやって使うでしょう?」と質問すると、
ブラシのようにゴシゴシこすり付ける動きをする子供が
数人いるんだそうです。
確かに、最近 見かけなくなりましたねぇ。

%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8D%E2%91%A1.jpg

私が子供の頃は、学校の掃除で毎日使っていたし、
祖父母が理髪店をしていたので、散髪した後、
お客さんの肩まわりについた髪の毛を払うのに使っていた
小さなほうきも身近にありました。

%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8D%E2%91%A2.jpg

「静電気が起きないから、髪を払うのにも良いんですよ」と、
6代目の柳川直子さん。

%E5%86%99%E7%9C%9F%E2%91%A3.jpg

子供の頃は、ほうき屋に生まれた事でかまって貰えず、
嫌いだったけれど、この技術を絶やしちゃいけない!と、
後を継いで頑張っているという柳川さん。

若いほうき職人も育っています。
「師匠の作った美しいほうきに一目ぼれして、
私も職人になろうと思って。」
留松さんは、まだ20代。

%E5%86%99%E7%9C%9F%E2%91%A4.jpg

最初の写真のほうきは、留松さんが作ったもの。
こんなにちっちゃいのもあるんですね。カワイイでしょ。

%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%8D%E2%91%A5.jpg

彼女がどんな職人になっていくのか、楽しみです☆