アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

仲山今日子アナのblog

あったか~い「美食同源」

IMG_2387.JPG

毎日寒いですね☆そんな中、あったか~いものをいただいてきました!
以前、tvkの社屋が元町にあったころは、
毎食ランチでお世話になった中華街。
全店制覇を目指して、毎回違うお店でいただくのがモットーでしたが、
ついつい通ってしまっていたのが、「四五六菜館」。
特にカリッと揚げた白身魚に甘酢あんをかけた料理がお気に入りでしたが、
メディアの先輩の紹介で、シェフの孫さんとお知り合いになり、
今日は「美食同源」をテーマにした、新しい料理を試食することに!
食べる事が大好きな私、しかも、キレイになれるおいしいもの、と聞き、
自然とテンションが上がります♪


シェフの孫さんは、数々の賞を受賞した名料理人。
なのに、実際はとてもシャイな方で、
「孫さん、料理を説明して~!」と言われても、
「作るの専門だから」と、説明を奥様に任せ、
ニコニコしながら私たちが食べる様子を見守っています。
印象に残ったのは、イカと季節野菜の柚子胡椒炒め。
柚子胡椒という和の食材と中華、
どんな組み合わせになるのだろう?と思ったけれど。
とっても味のバランスがいい。
そして、何よりもイカの食感!プリッとしているのに、
とてもやわらかく、絶妙の火の入れ具合。
孫さんにその話をすると、
「料理で一番大切なのは、どう切るかの部分なんだよ、
それで火の通りや味のからみが変わってくるからね。」
との事。確かに!

IMG_2379.JPG
(出されたイカには、きれいに斜めに包丁が入っています)


普段、料理番組を見ていても、包丁の入れ方まで見ていなかった!
同じように作っているつもりでも、なんだかいまいちな味になるのは、
そんな理由もあったのね…。


そして、本日のメインは、コラーゲンたっぷりの鳥鍋!

IMG_2383.JPG

IMG_2385.JPG

韓国の美肌料理「サムゲタン」をイメージして、
孫さんが何度も試作を重ねた自信の味。アクや脂を取りながら、
じっくりと時間をかけて煮込んだスープが、じんわりとしみてきます。
「今は、どうしても時間がないから、家での料理も、
簡単にうまみが出せる化学調味料使ったりして、
しっかり出汁を取って一から作るって言うのはあんまりないでしょ?
でもね、僕はファストフードではなく、
スローフードに味覚を取り戻したいんだよね。
お母さんが時間をかけて料理を作ってくれていた味、
僕も今でも覚えているし。そういうところから、
料理にもあったかさが出てくると思うんだよね。」
丸鶏から、時間をかけてとったスープは、
やさしくあったか~い味でした。
そして、鍋に添えられたのが、3種類の薬味ダレ。
私が気に入ったのは、生姜味のタレ。生姜やにんにくに醤油、
メインの材料は、どれも家の冷蔵庫にあるものばかりなのに、
とても深い奥行きのある味わいです。
「材料は特に変わったものではないけれど、
火を入れるタイミングが大事。」と孫さん。
たくさんの目配り、心配りが、
おいしい料理に繋がっているんですね。


我が家でも、食事はなるべく1から手作りを心がけているけど、
色々同時並行の「ながら料理」になってしまって、
「生焼けでなければOK!」と、
タイミングまでは気が回らないことが多いけど、
たまにはしっかり時間をかけて、心をこめて料理しなくちゃなぁ。
素材の状態を見て、包丁を入れ、火を入れていく。
そんな目配り、心配りは、子育てにもつながっているかも。


コラーゲンたっぷりの素材の力はもちろんだけど、
それ以上にキレイになれそうな気がするのは、
作り手の手間と愛情がたっぷり込められているからかもしれません。
新しい素材や料理に挑戦するだけでなく、
手間を惜しまないあったかさが魅力の、孫さんの料理。
「子どもの味の記憶」に、ぜひ加えたいなぁ。
今度は、家族でお邪魔しますね☆