アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

三浦綾子アナのblog

トリエンナーレ

3年に1度開催される、現代アートの国際展「トリエンナーレ」。
横浜では4回目の開催となります。

今回のテーマは
「OUR MAGIC HOUR ~世界はどこまで知ることができるか?~」

世界が・・・知る?何を? どこまでって、なんのこと?
はぁ~、芸術って難しい。

名画や芸術作品を見るときは
その作品の意図や背景を読み解き、
ウンチクのひとつも言わないと格好がつかない!と思っていた私。。。

このような現代アートのテーマって、きっと苦手分野です…。

しかし関係者の方に、とっても柔らか~く教えていただいたところ、
「不思議なこと、目に見えないものも、
ちょっと視点を変えれば見えてくるかも知れないネ!」
という思いが含まれているようです。
ふんふん。確かに、そうかも。

展示作品を見てみても、
意外な素材を使っていたり、遊び心があったり
今まで感じていた、芸術の「難しさ」に苦しめられることなく、
純粋に楽しめます。
芸術初心者にも、もちろん芸術玄人にも、オススメです。

ちなみにメイン会場のひとつ、横浜美術館の入り口では
高さが2メートルもある12の立体作品が出迎えてくれます。

こんな感じでズラーリと
ph1-1.jpg


それぞれ「12ヶ月」を表しているようで、
私の誕生月である8月は、こんな感じでした。


これが・・・
ph2-1.jpg


8月・・・?
ph3-1.jpg


ちょっと首をかしげ、何か考えているのか・・・?
それとも、ボーっとしているのか・・・?
不思議と愛着が沸き、
「12のうちで一番好きだわ」なんて、写真撮りまくりでした。
かなりひいき目ですが。。。


こちらは1月です
ph4-1.jpg


そしてこちらは3月
ph5-1.jpg


会場を巡るときは、ガイドブックか音声ガイダンスをお供にすることをオススメします。
きっと、作品の面白さが格段に違うはずです。
あ、tvk「ありがとッ!」内でも、ちょこっとご紹介してますよ(宣伝)。

トリエンナーレは11月6日まで開催中です。
「どこまで知ることができるか」、体感してみてはいかがでしょうか?