アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

吉井祥博アナのblog

「秋、深まって」

一段と風の冷たさを感じる仙台での取材を終えた帰り道、最終の新幹線までは少し時間があると気付き、大学時代の友人の家を訪ねることにしました。







 サークルの同級生同士が結ばれたご夫婦…でした。放送局のディレクターだったご主人は2年前取材先で急逝。今は奥様と2人の男の子が家を守っています。
 東京から嫁いだ奥様は仙台での生活を続けることを選択。自宅を作り直して“カフェ”をオープンしました。ご主人の生前「老後は2人で自宅カフェをやりましょう。」と夢を語り合っていたのです。
 実現は大変だったはず。調度品を揃え、こだわった材料を仕入れ、美味しいコーヒーを入れる練習…。






綺麗で、居心地の良いお店が出来上がっていました。“子供たちの舌”という厳しい審査を通過したメニューのパスタは絶品!!

 そういえば、暇に任せて喫茶店でとてつもなく長い時間を過ごした学生時代。「将来、特に儲からなくてもいいから、小さな喫茶店を開けたらいいよなあ…」とまるで方向性のない、ささやかで自由な夢を、誰とも無く語り合った事が昨日の様に浮かんで来ます。

 「夢、小さな志を受け継いでもらったんだね...」友人を思い出しながら頂いたコーヒーは、何時までもお腹を暖め、晩秋の空気の冷たさを忘れさせてくれました。