アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

三浦綾子アナのblog

何回行っても「初島」

さて、問題。 誰が何回行っても「初めての島」はどこでしょう~?

正解は…

「初島」でーす★

なんてギャグ(?)を何人が言ってきたことでしょう。
そして私も、そんな一級ギャグを口にしながら、行ってきました。
首都圏から一番近い離島。私にとって初の「初島」です。


「東洋のナポリ」と言われる(ホント?)熱海から、フェリーに揺られること25分。



ナポリが似合うオンナでしょ

あっという間に初島港に到着~。
そして、初島で初めて目にした看板には、意外な文字が。


賑わうお祭会場

どうやら、ところてんは初島名物らしいのです。
1杯100円で、ところてんが飛ぶように売れていました。
※このお祭は、GW期間限定です。あしからず。

島内をブラブラ歩いていると、青い海をバックに、かつ無造作に、
ところてんの原料である天草が干されています。
うわ~、本当に名物なんだ~。


道に寝そべる、ところてんの原型

取材熱心でしょ

弾力・チュルリ感がナイスです


ところてんの食べ方は地方によって様々だとか。
関東は酢醤油。関西は黒蜜。そして初島は『味噌ダレ』なんだそうです。
私も土地の風習に従って、味噌ダレでいただきました。


もちろん、美味しい海産物は豊富です。
お刺身定食や丼など、自慢の島の味を振舞ってくれるお店がずらりと並んでいます。


同じデザインのお店が並んでいるのです


どこにしようかな~


そんな中、私がセレクトしたのが、こちら↓


一見、素朴…?

お~。透き通る塩スープに浮かんでいるのは、こちらも名物の「岩のり」です。
麺に磯の香りが絡みついた、すっきり芳醇な「岩のりラーメン」。美味でした。

小さい島でも、時間は雄大でゆっくり流れています。
防波堤でのんびり潮風に吹かれるのもオススメ。
島を1周できる周遊路があり、1時間ぐらいで回ることもできます。

初島周辺の海底の様子や、深海生物の資料などが見られる「海洋資料館」や
バーベキュー、ダイビング、釣りなど、お楽しみスポットもあるようです。


なかなか興味深い、深海の世界


さようなら~! 私はナポリへ帰るわ~!

空気が澄んでいるとき、湘南から初島が見えたら
これからは「私には、もう“初”じゃないわよ~」と、海に叫んでみようと思います。
でも、また今度行ったとしても、やっぱり「初島」なのです。ぷぷぷのぷ。