アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

富樫吉樹アナのblog

異動のご挨拶

アナウンサーズマガジンをご覧の皆様。
富樫吉樹は2月1日付けで報道企画室という新しい部署に異動することになりました。今まで富樫の拙い放送をご覧いただきましてありがとうございました。tvkに来た97年10月からの12年半近くでたくさんの経験をさせていただきました。

初めてプロ野球中継の実況を担当した年が98年の優勝でした。スタジオから記念すべき優勝特番の司会も担当し、とても思い出深い年でした。






Jリーグ中継では横浜F・マリノスの優勝の瞬間を実況することができました。04年1stステージで横浜F・マリノスが史上初の3連覇を達成した試合で、現在は1シーズン制ですので、再び2ステージ制に戻らないかぎり破られない記録です。






サッカーでは井原正巳さんの引退試合も担当させていただきました。04年1月、国立競技場に多くの現役選手やOBが駆けつけた引退試合でした。井原さんの人柄を感じさせてくれるようなたくさんの選手達のメッセージをお届けすることができてとても良かったです。







07年にはとても個性的な番組「マラソン」を担当しました。駅伝のように選手達がタスキリレーしていく様子を実況しつつ、もう一つの顔“DJ toga”として不気味な声で選手達の私生活を紹介するもので、初めての一人二役でした。VTRを見ながら1週間4日分をブースにこもって実況するのはなかなか大変でしたが、誰もやったことがないような番組を担当できたのは楽しかったです。

ということでスポーツを中心に仕事してきましたがここ数年は報道により深く関わりたいと思うようになり今回、その希望がかなった次第です。これからもニュースなどでお目にかかることになりますので今後ともよろしくお願いします。