アナウンサーズマガジン

画面では決して見ることの出来ないアナの表情が満載!番組への意気込みや裏話も アナ本人の文章で紹介。

三浦綾子アナのblog

お伊勢へ

「人生一度はお伊勢さんへ」という言葉に従って
今のうちに…と、伊勢神宮にお参りに行ってきました。


内宮への入り口、宇治橋

正宮まであと少し…!

夕方だというのに、大勢の人!
でも足を踏み入れると、静かなひんやりとした空気に包まれ、清らかな気持ちになりました。
ちゃっかり、お祈りごともたくさんしてきたりして…。


そして、もうひとつ。伊勢といえば?


私の顔が小さいのではなく、えびが大きいのです

身はプリンプリン。たまらん

そう! 伊勢えび! うはうはっ♪

年に数回、日本全国のグルメを制覇する旅をしている女3人ですが
最近の目標設定はかなりハードです。
電車や店の営業時間をチェックし、1分、1秒と緻密に計算されたスケジュールの中で
いかにタラフク…じゃなくて堪能するか。
いわば、頭脳戦です。


麺は極太、汁が黒いのが特徴だとか


まずは、伊勢うどんを目指します。
駅を降りたら、土地勘のない街をウロウロ。
やっと看板を発見し、写真を撮ったり、五感でうどんに向き合ったり。
当然、久しぶりの再会におしゃべりの華も咲かせ…。
次の電車に飛び乗ったのは、48分後。
移動、会計、切符購入などすべてを含めた時間ですから…ハードです。


クルンと出たときの悦びったら…

時価って、気分いいけど怖いわ

部位によって違う食感。いちいち感動

次の下車駅ではサザエ&アワビにご対面。
ここには「夫婦岩」という、ガイドブックでも紹介されている景勝地がありますが
残念ながら見ている時間はなさそうです。
なぜなら、次の電車まで55分しか残されておりませんので。
海の恵みに幸せを噛み締め、カロリー消費も兼ねて小走りで駅へ。
電車に滑り込みセーフ。やっぱりハードです。


でも記念撮影はマストなの

すでに陽が傾いてきました。
お伊勢さんは18:00で閉まってしまうそうです。
しかし内宮の門前町「おはらい町」には、いい香り漂う出店がいっぱい。
この出店も、ほとんどが18;00まで。
もちろん、人気店は行列ができています。
うぬぬ。
並んででも食べたいけど…
いや、それでお参りできなくなったらどうする…?
葛藤です。悶絶しました。さぁ、どうするっ?!


揚げたて、くり~みぃ♪

土地柄、松坂牛は必須

こちらは牛コロッケ。ラスト1個GET!

悩んでなんかはいられません。
「どちらか」ではなく、「どちらも」が、私たち流。
行列が短くなったタイミングを見逃さない瞬発力(執念?)で
食も、お参りも、時間内に慣行できました。


参詣後は「てこね寿司」をば

こちらは20:00まで営業。ほっ

伊勢に到着してから5時間ほどでようやく様々な制限時間から逃れ、
ゆっくり夜を楽しむことができるようになりました。


話は尽きぬ、懲りない3人

たとえ分刻みのハードな珍道中であろうと
ワイワイやりながらドタバタするのも楽しいものです。
気の合う仲間だからできることですよね。
もちろん、時間に追われなければ
時を忘れて夜更けまで語りあう3人ではありますが…(笑)


まだ食べてます

これも、食べました

あっと。
最後の写真は、翌日に名古屋でいただいた
カレーうどんと、ひつまぶしです。

ちなみに、今回の旅行も1泊2日でした。
(ホントはもうちょっと食べてますが…掲載を自粛させていただきました 笑)